header header
spacer
spacer
spacer
Osaka Shalom
OsakaShalom.com
9月29日 信仰の賜物とは何か?

またある人には同じ御霊による信仰が与えられ、ある人には同一の御霊によって、いやしの賜物が与えられ、・・・(Tコリント12:9)

 信仰の賜物は、私たちが日々成長させている信仰と比べてどこが違うのでしょうか? 信仰の賜物は神からの贈り物です。そして、それを活性化するには信仰が必要です。神が行ないたいと思っておられる奇蹟を生み出すのは、聖霊の働きです。信仰の賜物は、私たちが恵みで受けている信仰を超えた非凡な奇蹟や癒しをもたらすために働きます。私たちが新生した時に受け取った信仰は、神の恵みによるものです。それは種のように私たちの心に蒔かれます。私たちは、この信仰という種に水をやり、御ことばや祈りの肥料を与えて育てていかなければなりません。この恵みの信仰は、すべての信者に与えられているものです。
 信仰の賜物は、奇蹟を行なう力の賜物や癒しの賜物と関連して働きます。信仰の賜物は、奇蹟を必要としている人がそれを受け取る信仰を持たない時に働きます。信仰の賜物は、神の御国のしるしを見る必要がある未信者のために働きます。私たちがこの信仰の賜物を解き放つ時、神の力がそこに現れてきます。
 信仰の賜物によって、私たちは、信じている事がどのように実際に起こっていくのか全くわからない時でさえ、信仰の命令を解き放つようになります。信仰の賜物があれば、不可能に思えることも何ひとつ問題がないことのように見なすようになります。疑いや不信仰は直ちに消え去っていきます。
 この信仰の賜物はいつも働くものなのでしょうか? いいえ。というのは、これが御霊の現れだからです。この賜物は必要が生じた時に現れます。それに反して、恵みの信仰は、罪や病気、サタンとの戦いに勝利するために、日ごとに働かせていかなければないものです。
 恵みの信仰は、私たちが御ことばを食べ、御ことばを宣言するにつれて、強められていきます。異言で祈ることによっても、この信仰をもっと活性化することができます。この恵みの信仰は、悪魔が仕掛けてくるすべてのわざから私たち自身が守られるために必要なものです。この恵みの信仰は非常に個人的なもので、私と他の人の信仰の量りはそれぞれ異なります。つまり、私たちは皆、異なった信仰のレベルで神のために働いているのです。ですから、私が誰かのために奇蹟を求めて祈るような場合、本人にそのことに対する信仰がなくても、私がその状況に対して信仰の賜物を働かせることもあるのです。
 恵みの信仰は絶えず働かせることができますが、信仰の賜物は奇蹟や癒しを解き放つ必要がある場合に限り、その状況に対して働くものなのです。神の御霊が私たちのうちにこの信仰の賜物を解き放ってくださるように求めていきましょう!

宣言:私にも信仰の賜物が与えられています。信仰によって、今、私自身をこの賜物に従わせます!

今日の聖書通読箇所:朝・・・T列王記1章、ガラテヤ5章
              夜・・・エゼキエル32章、詩篇80篇
- 2006-09-26
header
header