header header
spacer
spacer
spacer
Osaka Shalom
OsakaShalom.com
9月25日 信仰の大盾を取る

これらすべてのものの上に、信仰の大盾を取りなさい。それによって、悪い者が放つ火矢を、みな消すことができます。(エペソ6:16)

 私たちの信仰は悪魔のあらゆる攻撃から身を守る盾です。それはまた、私たちが敵に向かって前進し、神の御国の拡大をもたそうとする時、私たちを前に押し出してくれます。
 ローマ軍の盾はドアのように大きいものでした。戦いの最前列の兵士たちはその盾を自分たちの前に横並びに置いて軍隊を守り、敵に向かって前進して行ったようです。2番目の列からは、兵士たちは自分の盾を頭の上にかざしていました。この戦法は、飛び来る火矢によって殺傷されることから兵士たちを守りました。火矢は盾に当たり、兵士たちの身に及ぶことはなかったのです。
 私たちが前進して行こうとする時、信仰は非常に重要になってきます。そのような時に私たちが自分の信仰を用いないのなら、私たちは自分を守る盾を持たないことになり、恐れや腹立たしさ、拒絶、苦々しさや絶望といった矢が私たちに突き刺さってしまいます。私たちは負傷してしまい、信仰の戦いを勇敢に戦えなくなってしまいます。望みを失い、神が私たちのために御計画しておられる将来までもが見えなくなってしまいます。
 信仰とは、神のすばらしい御わざを待ち望むことです。恐れとは、悪魔の悪しきわざを自分から受け入れてしまうことです。信仰は、主が私たちに対して語ってくださった、希望に満ちたことばによって解き放たれます。恐れは、悪魔が私たちに偽って語ってきた、失望をもたらすことばによって解き放たれます。信仰は神の答えが来るのを見ますが、恐れがそれを見ることはありません。
 悪魔が私たちの行く道に放つすべての矢に対して、宣言すべき神の御ことばがあります。それは、主があなたに対して語られた預言的なことばである場合もあります。悪魔がイエスを攻撃した時、イエスは御ことばを用いられました。イエスは悪魔と御ことばについて議論することはなさいませんでした。イエスは御ことばを宣言することによって御自分の盾を掲げ、悪魔に打ち勝たれたのです。
 あなたがこの世の人生において神の御国を前進させるのを阻んでいるものは何でしょうか? どのような恐れがあなたを束縛し、神があなたに約束されたものを受け取れないようにしているのでしょうか? あなたが同じところに留まるように働きかけてくる悪魔に対して、どのような扉が開いてしまっているのでしょうか? 私たちの信仰を妨害してくる恐れが何であるのかがわかったら、御ことばのすばらしさを期待する信仰のことばをそれに向かって解き放ち始めることができます。神は、あなたのために用意しておられるすべての霊的祝福をあなたが楽しむことを願っておられます。あなたのすばらしい神を信頼してください!

宣言:私は、これからの人生で、神のすばらしさを経験していくことを期待しています。

今日の聖書通読箇所:朝・・・Uサムエル21章、ガラテヤ1章
              夜・・・エゼキエル28章、詩篇77篇
- 2006-09-24
header
header