header header
spacer
spacer
spacer
Osaka Shalom
OsakaShalom.com
9月9日 信仰は神が約束されたことを受け取る

しかし、この方を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には、神の子どもとされる特権をお与えになった。(ヨハネ1:12)

 悪霊も神を信じていると聖書は教えています。ヤコブ2:19には、「あなたは、神はおひとりだと信じています。りっぱなことです。ですが、悪霊どももそう信じて、身震いしています」と書いてあります。
 悪霊も信仰を持ってはいますが、それはイエスが私たちに教えた信仰とは全く違うものです。悪霊の信仰は、観念的な(知的理解だけの)信仰です。悪霊は、イエスが神の御子であることも、癒し主であり解放主であることも本当に信じています。おもしろいことですが、イエスが地上でミニストリーをしている間、イエスの周りにいる人々よりも悪霊のほうが、イエスが何者であるかについて声に出して発言することが多かったのです。
 ヤコブはクリスチャンたちに、行ないのない信仰は真の信仰ではないと教えています。信仰にはいつも行ないが伴います。信仰とは、「聖書に書いてあるあの事やこの事を信じている」ということではありません。真の信仰とは、イエスという方を「主」として、また「救い主」として私たちの心に迎え入れることです。ですから、悔い改めることなしには、真の信仰を持つことは決してあり得ないのです。
 私は時々、クリスチャンに「イエス様を信じていますか?」と質問します。すると決まって、「はい、信じています」という答えが返ってきます。私は続けて、「それが何を意味するか、わかっていますか?」と質問します。そう聞かれた人は皆、必ず、なぜ私がそんな質問をするのかを不思議がります。私はさらに続けて、「悪霊もイエス様を信じていることを知っていますか?」と聞いてみます。すると、皆、ショックを受けます。彼らはようやく、自分の信仰は悪霊の信仰とどこが違うのかの説明を求められていることに気づくのです。
 では、あなたの信仰は悪霊の信仰とどこが違うのでしょうか? 信仰は、あなたの心と行動を御ことばによって変えていきます。信仰は、神の御ことばの真理に基づいて行動します。真の信仰は、イエスを創られたすべてのものの主として受け入れます。真の信仰は、キリストのために罪を捨てます。これは悪霊にはできないことです。悪霊はそうしたいと思ってもいません。
 あなたは、聖書に書かれているすべてのことを信じていながら、新生していないこともあり得ることを知っていましたか? あなたは、永遠のいのちを信じることで救われるわけではありません。癒しを信じればそれで癒されるわけでもありません。リバイバルを信じればリバイバルを経験するわけでもないのです。私たちは心に真理を受け入れ、その真理に基づいて行動しなければなりません。行ないのない信仰は死んでいます。そのような信仰は無意味なのです。
 イエスを信じるとは、イエスを自分の人生に迎え入れるということです。それには当然、変化が伴います。もしイエスは神であると心から信じたのであるなら、私は自分の心の王座から降りなければならないのです。あなたは行ないによって救われるわけではありませんが、イエスを自分の人生の主とした後は、行ないが伴うようになっていくのです。あなたはイエスが癒し主であると信じていますか? 癒されるためには、イエスがあなたの癒し主にならなければなりません。イエスは、あなたの備え主になり、解放主にならなければならないのです。イエスは、あなたの救い主になり、主とならなければならないのです。

宣言:イエス様は私の主であり、癒し主であり、備え主であり、私の盾です!

今日の聖書通読箇所:朝・・・Uサムエル3章、Tコリント14章
              夜・・・エゼキエル12章、詩篇51篇
- 2006-09-08
header
header