header header
spacer
spacer
spacer
Osaka Shalom
OsakaShalom.com
10月22日 あなたは神のさとしを待ち望んでいますか?

しかし、彼らはすぐに、みわざを忘れ、そのさとしを待ち望まなかった。彼らは、荒野で激しい欲望にかられ、荒れ地で神を試みた。そこで、主は彼らにその願うところを与え、また彼らに病を送ってやせ衰えさせた。(詩篇106:13−15)

 あなたは毎日、神のさとしを待ち望んでいますか? 聖霊によってあなたに語られる御ことばを聞きたいと切に願っていますか? そうであるなら、あなたは主にあって成長していますし、主はあなたを喜んでおられます。しかし、もしあなたが毎日、神のさとしを待ち望んでいないのなら、あなたは病気になり、やせ衰えてしまうかもしれません。
 病気になり、やせ衰えてしまうとは、どのような状態になることを指して言っているのでしょうか? それは、魂がやせ衰えることを意味します。それは、あなたの魂が飢餓状態になることなのです。私たちが毎日、主を待ち望んで御ことばを聞くことをしなければ、私たちは霊的に飢えていきます。そして、私たちの人生で御霊の実を結ぶことができなくなります。
 私たちがイスラエルの民のように荒野で神を忘れたら、いったいどうなるのでしょうか? 私たちは時おり、さとしも含めて神からすべてのものを受け取ることを忘れてしまいます。私たちは、恵みの御座から日ごとに来る霊的なマナを必要としています。私たちは、生ける神の御ことばによって養われる必要があるのです。
 私たちが神の臨在を楽しみたいのなら、聖書を開いて、神の臨在の中で待ち望むことを学んでいかなければなりません。神の御声を聞く時間を持たなければなりません。神の御声だけが私たちの人生に癒しや解放をもたらすのです。
 私たちは毎日の生活の中で、神のさとしを切に求めることを学ぶ必要があります。この聖句の「さとし」ということばは、「アドバイス」「計画」「戦略」を意味します。私たちが主を待ち望むなら、神が私たちにアドバイスをくださり、私たちの人生に対する御計画を示してくださると約束しておられるのです。私たちは、勝利ある人生を送るために用意された神の戦略を知ることができるのです。
 私たちがもっと神を知り、経験したいのなら、御前に静まり、神に聞いていくようにしなければなりません。御座から啓示を受け取っていかなければなりません。御ことばの真理で自分の心を満たすようにしていかなければなりません。あなたは、主を待ち望む備えができていますか? 御ことばの啓示を受け取る備えはできていますか? 御前に静まり、主を待ち望んでください。神に御自分を啓示していただくために、時間を捧げていきましょう。

宣言:私は、天からのマナを食べて満たされるための備えはできています。主よ、私は今、あなたを待ち望んでいます!

今日の聖書通読箇所:朝・・・U列王3章、Uテサロニケ3章
              夜・・・・ダニエル7章、詩篇114−115篇
 
- 2006-10-20
header
header