header header
spacer
spacer
spacer
Osaka Shalom
OsakaShalom.com
10月12日 私たちが自分の働きをやめた時に神が働き始める

そういうわけですから、愛する人たち、いつも従順であったように、私がいるときだけでなく、私のいない今はなおさら、恐れおののいて自分の救いを達成してください。神は、みこころのままに、あなたがたのうちに働いて志を立てさせ、事を行なわせてくださるのです。(ピリピ2:12−13)

 あなたは、私たち人間は神の満ち満ちた豊かさを知るために創造されたことを知っていましたか? 私たちは神の器として創られました。器である私たちのうちで、また私たちを通して、神は働かれるのです。
 上記のピリピ人への手紙の聖句では、私たちは自分の救いを達成するように命じられています。これは新生することを言っているのでありません。パウロはこの手紙をキリストにある信者に向けて書いています。では、自分の救いを達成するために、私たちは何をしなければならないのでしょうか? 私たちが救われた時にしたことと同じことをしなければならないのです。
 私たちは絶対に単純にキリストに従う生き方から離れるべきではありません。救われた時、私たちは主にすべてを委ね、自分の人生に主の臨在を迎え入れました。私たちがもっと神の臨在を経験していきたいのなら、この生き方を続けていかなければなりません。私たちは、日を追うごとにさらに深く主を知っていくようになるべきなのです。私たちが主と親しい関係を持ち続けていなければ、クリスチャン生活を送ることはできません。私たちは絶えず主を必要としているのです。
 救いは主の御わざです。イエスは、罪、病気、サタンから私たちを救い出してくださる唯一の救い主です。イエスは、私たちを解放することができる唯一の方です。イエスは私たちのすべてのすべてです。キリストと交わることによってキリストにとどまらなければ、私たちは霊的に死んでしまいます。イエスはぶどうの木で、私たちはその枝です。イエスは、聖霊と力に満ちておられます。私たちが愛と従順によってイエスとつながっていなければ、聖霊が私たちのうちで、また私たちを通して、流れることはありません。
 パウロは、神は私たちのうちで、また私たちを通して働かれると教えています。神は私たちの意志に働きかけてくださいます。神が私たちにするように命じられたことを実際に行なってくださるのです。私たちがすべきことは、神とともに歩むことだけです。エノクのように、私たちはただ神とともに歩めばいいのです。私たちはただ、いつもイエスとともに歩み、イエスと語り合う必要があるのです。
 御自分の御こころをあなたに知らせる時間が神には必要です。神は、あなたが神を待ち望み、神の力で満たされることを願っておられます。イエスが夜を徹して神とともに過ごされたのであれば、私たちが神と交わるには、どれほど多くの時間を費やさなければならないのでしょうか? イエスが朝まだ暗いうちから起きて神と交わることを習慣としておられたのなら、私たちはどれほど多くの時間をそのように割く必要があるでしょうか? 神は毎日あなたを待っておられます。神はあなたを愛しておられるがゆえに、あなたと一緒にいたいと願っておられるのです。あなたは神の愛を知るために創られたのです。

宣言:父なる神様、私はあなたとともにいたいです。私はあなたの愛に応えて、心を尽くしてあなたを愛していきたいです。

今日の聖書通読箇所:朝・・・T列王記15章、コロサイ2章、
              夜・・・エゼキエル45章、詩篇99−101篇
 
- 2006-10-10
header
header