header header
spacer
spacer
spacer
Osaka Shalom
OsakaShalom.com
11月29日 イエスはあなたの忠実さをチェックするために戻って来られる

さて、よほどたってから、しもべたちの主人が帰って来て、彼らと清算をした。すると、五タラント預かった者が来て、もう五タラント差し出して言った。『ご主人さま。私に五タラント預けてくださいましたが、ご覧ください。私はさらに五タラントもうけました。』 その主人は彼に言った。『よくやった。良い忠実なしもべだ。あなたは、わずかな物に忠実だったから、私はあなたにたくさんの物を任せよう。主人の喜びをともに喜んでくれ。』 (マタイ25:19−21)

 あなたは、イエスがくださったものを使ってあなたが何をしたかを調べるために戻って来られることを知っていましたか? イエスは、私たちが実を結び、拡大増加していくことに深い関心を抱いておられます。イエスは、私たちが自分の持っている賜物や技術を多く用いたかどうかはあまり気にしておられません。私たちが周りにいる人々の人生に変革をもたらし、霊的な子どもたちを生み出したかどうかに関心を寄せておられるのです。
 イエスが私たちに才能、賜物、能力を与えてくださったのは、私たちがそれを御国の拡大のために用いることができるようになるためです。私たちがこの世でキリストの証人となり、ことばと行ないをもって神の国を宣べ伝えることができるようになるために、神は私たちを御自分の聖霊に満たしたいと願っておられます。あなたはイエスにお会いする時、何を差し出さなければなりませんか? もしあなたが今日、イエスにお会いするとしたら、あなたは自分がイエスから受け取ったものを増やしてお返しすることができますか? 今の自分にそれはできないと思うなら、あなたが霊的な子どもを生んで実を結ぶクリスチャンになるために、何をすべきかを知る必要があります。
 私たちが実を結ぶ者になるには、この地上で神の御国の働きを拡大していくために自分のすべてを用いていかなければなりません。自分の時間や才能、能力、お金や持てる物、霊的な賜物をすべて用いていく必要があるのです。5タラントを受け取ったしもべは、それを受け取ってすぐに用い始めたのです。その人はしもべとしてあらゆる努力をして、それを増やすことに取り組みました。
 主からさらに多くのものを受け取っていきたいのなら、私たちは小さなことに忠実でなければなりません。時が良くても悪くても、主に仕えていかなければなりません。つまるところ、私たちの目標は、失われた魂を救い、実を結ぶことなのです。神は、私たちが1人の魂を救いに導くために忠実に働くことを願っておられます。そうすれば、神は次には2人の魂を私たちに任せてくださるのです。私たちがその2人を救いに導くことができたら、その次には4人を任せてくださることでしょう。私たちは、イエスがされたように、私たちのうちにある神の愛を失われた魂に届けていかなければなりません。
 あなたも私も自分の人生を神の御国のために捧げ、忠実に仕えているなら、良い働きをしていると言えます。御ことばに伴う奇蹟やしるし、不思議をもってイエスの良き知らせを広めていくには、私たちは皆一緒に働かなければなりません。あなたは小さなことに忠実ですか? あなたの教会が成長していくために助けになることをしていますか? もしまだあなたに実がないと言うなら、今こそイエスが命じられた働きをする時です。どうかイエスのもとへ何も持たないで行くようなことはしないでください。それは、あなたの将来にとって賢い決断ではありません。

宣言:主よ、私は実を結び、増加する者になりたいです。失われた魂を救いに導きたいです!

今日の聖書通読箇所:朝・・・T歴代26−27章、Uペテロ1章
              夜・・・ミカ4章、ルカ13章
- 2006-11-29
header
header