header header
spacer
spacer
spacer
Osaka Shalom
OsakaShalom.com
11月10日 感情はあなたに語りかけている

そこで、主は、カインに仰せられた。「なぜ、あなたは憤っているのか。なぜ、顔を伏せているのか。あなたが正しく行なったのであれば、受け入れられる。ただし、あなたが正しく行なっていないのなら、罪は戸口で待ち伏せして、あなたを恋い慕っている。だが、あなたは、それを治めるべきである。」(創世記4:6−7)

 あなたは、私たちは自分がなぜ怒っているのか、その原因を特定できることを知っていましたか? 私たちは、自分が落ち込んでいる原因も特定できるのです。神は私たちに、なぜ私たちがそのような感情を抱いているのか、その原因を自分に問うことを望んでおられます。神は私たちに感情を与えられたのは、それによって私たちが自分の人生で何か起きているのかがわかるようになるためです。
 書かれた神の御ことばの真理に従順に歩んでいるなら、私たちは正しい感情を抱くようになります。私たちはいつも、愛、喜び、平安を感じるようになるのです。イエスが毎日、人生を楽しまれたように、私たちも自分の人生を毎日、楽しめるようになるのです。ですから、私たちは自分が怒りや落ち込みなどの否定的な感情を抱いていたら、その原因を理解する必要があります。神や他の人との関係の中で、何が間違っているのかを知る必要があるのです。
 私たちが否定的な感情を抱く主な原因として、私たちが自分の人生に対して間違った目標を持っていることが挙げられます。多くの場合、私たちは、この世でどのような人生を歩むかを自分の心の中で決めてしまっています。自分の人生はこうあるべきだと堅く信じているのです。しかし、御存知のとおり、多くの人が、いくら努力しても自分が立てた人生の計画がうまくいかないという結果を招いてしまっています。しかも彼らは神さえも見失ってしまっているのです!ですから、私たちは自分の考えを御ことばに一致させていかなければならないのです。あなたは神に腹を立てるようなことになることを望んではいないですよね?
 イエスが求められたように日々歩んでいないと、私たちは罪のうちを歩むようになってしまいます。カインがアベルのことでそうなってしまったように、私たちも否定的な感情が自分を支配するのを許してしまうことになるのです。それによって、私たちは自分がしたくないことをするようになります。神は、私たちが自分の否定的な感情の原因を理解し、それを治めることを望んでおられます。私たちは、怒り、落ち込み、恐れなどの否定的な感情に打ち勝ち、主の平安と喜びをいただいて歩むべきです。
 あなたは幸せですか? 平安に満ちていますか? 何の思い煩いもなく歩んでいますか? 主の喜びに満たされた人生を歩んでいますか? もしそうでないなら、今が変わる時です。今が、あなたの信念体系を御ことばに従って変える時なのです。

宣言:父なる神様、私は、自分の人生を支配しようとするあらゆる罪を治めていきます。私が自分の感情の動きをよく理解できるように助けてください!

今日の聖書通読箇所:朝・・・U列王23章、ヘブル5章
              夜・・・ヨエル2章、詩篇142篇
- 2006-11-09
header
header