header header
spacer
spacer
spacer
Osaka Shalom
OsakaShalom.com
11月8日 打ち勝つ信仰には行ないが伴う

それと同じように、信仰も、もし行ないがなかったなら、それだけでは、死んだものです。(ヤコブ2:17)
ああ愚かな人よ。あなたは行ないのない信仰がむなしいことを知りたいと思いますか。(ヤコブ2:20)

 行ないのない信仰は、信仰ではありません。人が何を期待して、どのように行動するかに、その人の信仰が表されます。人は失敗を招くような信仰の用い方をすることもあれば、成功を得るために信仰を用いることもあるのです。信仰にはいつも行ないが伴います。
 では、私たちは毎日、自分が信じていることに基づいてどのように行動していけばいいのでしょうか? 私たちが何を信じているかは、たいてい私たちの口のことばによって測り知ることができます。ヤコブが信仰には行ないが必要だと教えた後に、私たちの舌を制御することについて語っているのは、興味深いことではないでしょうか(ヤコブ3章)? 信仰とは、私たちが日常生活の中で何が起きることを期待しているかなのです。私たちが期待していることを、私たちは口にします。そのことばが、今度は私たちの行動を支配するのです。
 御ことばを信じる信仰によって、私たちは積極的に期待を持って生きるようになります。御ことばは、私たちのうちにキリストが生きておられるので、私たちは勝利のうちを歩むことができると教えています。神の御霊の力が私たちのうちにあるので、私たちはどのような罪にも打ち勝つことができるのです。神が私たちのために書き残してくださった約束を見れば見るほど、私たちは勝利の生活を期待できるようになっていくのです。
 私たちが御ことばに時間を使っていなければ、サタンの偽りに耳を傾けてしまうようになります。そうすれば、自分は勝利の生活を送れないのだと信じるようになっていきます。自分を打ち勝つ者ではなく、失敗者と見なしてしまうのです。私たちが自分は罪人だと思うようになると、敗北を口にするようになり、その結果、それが私たちの行ないに現れてきます。
 あなたの口からどのようなことばが出ていますか? イエスは、「人の口は、心に満ちているものを話す」と教えておられます(ルカ6:45)。私たちの心に満ちているものが、私たちの口から出てくるのです。ですから、私たちは、自分の心を神のすばらしい約束で満たしていかなければなりません。神が見ておられるように自分を見なければなりません。私たちは、すべての罪深い習慣に勝利して生きるために新生したことを信じなければなりません。私たちは、イエスと同じように御霊をいただいているのです。私たちには油注ぎがあります。それはサタンがもたらすあらゆる嘘を打ち砕くためにあるのです。
 あなたは、自分は何も大したことはできないといつも自分に言い聞かせていませんか? もしそうなら、あなたは「私はキリストによってどんなことでもできる」と宣言する必要があります。あなたは打ち勝つ者ですから、打ち勝つことができるのです。あなたの心の中に神の愛があるので、あなたは人を赦すことができるのです。あなたを愛し、あなたを見守ってくださる神の御手の中にあるので、あなたは安心して歩むことができるのです。

宣言:私は、私のうちに生きておられるキリストによって、どんなことでもできます!私は打ち勝つことができます!

今日の聖所通読箇所:朝・・・U列王21章、ヘブル3章
              夜・・・ホセア14章、詩篇139篇
- 2006-11-07
header
header