header header
spacer
spacer
spacer
Osaka Shalom
OsakaShalom.com
5月19日 啓示を受けたらどうするのか?

私の子テモテよ。以前あなたについてなされた預言に従って、私はあなたにこの命令をゆだねます。それは、あなたがあの預言によって、信仰と正しい良心を保ち、勇敢に戦い抜くためです。(1テモテ1:18)

 私たちが夢や幻、預言を通して神の語りかけを受け始めたら、それに充分注意を払い、書き留めてく必要があります。この聖句では、私たちは預言の成就のために最後まで戦わなければならないと教えられています。私たちは信仰の戦いを勇敢に戦い抜かなければならないのです。主が私たちに語られる時には、悪魔も同時にその神の御計画を阻止しようとあらゆることを仕掛けてくるからです。
 語られた預言はどれも、私たちの祈りの重要課題となります。神が私たちの人生においてなしたいと願っておられることがヴィジョンとなるのです。私たちが神のことばを受け取った時に、それが霊的領域に解き放たれます。そしてまさにその時に、神の御計画と悪魔の策略の戦いが始まるのです。ですから、私たちは、預言のことばが成就するまで宣言し続ける必要があります。信仰と正しい良心を保ち続ける必要があります。つまり、語られた神のことばを信じ、自分の人生において神の御計画が成就するのを見るためには従順が非常に重要であることを信じる必要があるのです。
 神が語られたことがなかなか成就しない時には、私たちは容易にあきらめてしまします。しかし、書かれた神の御ことばによって、そのことばが実現するために必要な信仰を私たちのうちに生み出していかなければなりません。悪魔からの「神は本当にそう言ったのかい?」というような思いと戦い続ける必要があるのです。この戦いはそんなに悪いものではありません。むしろ、良いものです。なぜなら、もし私たちが信仰と正しい良心を保ち続けるならば、神のご計画は必ず勝利するからです。ですから、預言が完全に成就するまで、信仰と正しい良心をもって、その預言を宣言していきましょう。決してあきらめないでください!

宣言:私は自分に語られた預言を宣言します。私は信仰と正しい良心を保ち続けます。
 
今日の聖書通読箇所:朝・・・民数28章、詩篇72篇
              夜・・・イザヤ19−20章、2ペテロ1章 

- 2006-05-18
header
header