header header
spacer
spacer
spacer
Osaka Shalom
OsakaShalom.com
5月18日 預言を受けたらどうするのか?

というのは、私たちの知っているところは一部分であり、預言することも一部分だからです。(1コリント13:9)
預言する者も、ふたりか三人が話し、ほかの者はそれを吟味しなさい。(1コリント14:29)

 預言を受け取った時は、それがパズルの一部であることを認識しなければなしません。預言はパズル全体から見れば、一部分を与えるにすぎないものです。また、預言を吟味することも必要です。新約時代の預言は、神の御霊を持つ信者によって吟味されるべきものなのです。私たちは皆、神の家の祭司です。神から来ていない預言もあるかもしれないのです。
 預言は漸進的なものです。私たちが御計画を成し遂げることができるように、神はその時に必要なことだけを語られます。私たちに知られたくないことに関しては、神はあえて預言を語る者にも秘密になさいます。私たちは自分が遭遇することをすべて知っているわけでも、どのように預言が成就されていくかを理解しているわけでもありません。それでも、預言が一筋の道を示すなら、私たちは日々主に従い、主に信頼して、その道を前進して行かなければなりません。
 預言がすべて神から来るというわけではありません。神以外に多くの発信源があるのです。オカルトから来る場合もあります。そのような預言は悪霊の領域から来ていると言えるでしょう。その場合、容易に識別できます。操作やコントロールが目的で語られた預言もあります。私たちは自分が願っていないことをするように強いられるべきではありません。私たちには自由意志があるからです。肉的な預言もあります。それは天から来ているのではなく、世に属したものなのです。この種の預言が見えない領域で信仰を生み出すことはありません。
 受けた預言を吟味するには、以下の質問をしてみてください。
1.その預言のことばは、私を励まし、力づけてくれているか?
2.その預言のことばを聞いて、私の霊は平安を感じているか?
3.その預言のことばは聖書に基づいているか?
4.イエスもその預言をしただろうか?
5.その預言のことばは、私を操作したり、コントロールするようなものではないか?
6.その預言のことばを聞いて、自分にはそれを吟味して選択する自由があると思えるか?
7.その預言のことばは、今置かれている組織の権威から私を引き離そうとしていないか?
8.その預言のことばは、私にとって確認となるものか?
9.その預言のことばを他の人とともにチェックすることが許されているか?
10.その預言のことばが警告であるなら、それに対処する方法も示しているか?
11.教会はその預言のことばを承認しているか?
12.その預言のことばは、従順で愛に満ちた霊を生み出しているか?
 これらの質問は、預言を吟味するのに大いに役立ちます。私たちは、ほとんどの預言は条件つきで、私たちが従順であることや神が置かれた所に留まることにかかっていることを絶えず心に留めておく必要があります。神のことばは、神の方法、神のタイミング、神の定められた所でのみ成就するのです。「いるべき時に、いるべき所にいる」ということばは、多くのクリスチャンが神の御こころを成就するのに助けとなるでしょう。

宣言:私は主の方法、主のタイミング、主の定められた場所に従います。

今日の聖書通読箇所:朝・・・民数27章、詩篇70−71篇
              夜・・・イザヤ17−18章、1ペテロ5章
 
- 2006-05-17
header
header