header header
spacer
spacer
spacer
Osaka Shalom
OsakaShalom.com
5月9日 霊を見分ける力

みなの益となるために、おのおのに御霊の現われが与えられているのです。・・・ある人には霊を見分ける力・・・(1コリント12:7、10)

 神の御声を聞けるようになるには、霊の領域を見分けることは避けて通れません。「見分ける」ということばは、「2つのものを区別する」ことを意味します。聖書には、ある種の‘霊(の働き)’が存在することが教えられています。御使い、悪霊、人の霊、聖霊、油注ぎ、外套、ひとりの人が持つ周りを動かすほどの影響力などが挙げられます。霊を見分ける力の賜物とは、異なった種類の霊や油注ぎを認識し、それらの違いを見分ける力のことです。
 この霊を見分ける力の賜物によって、どのような霊的賜物や召命があるかを指摘したり、癒しにおいて知識のことばのように何かを見抜いたり、御使いがどのように働いているか、人の心がどのような状態にあるか、あるいはある集会において主がどのような目的で臨在されているかなどを指摘したりできるのです。使徒16章で、パウロは霊的には正しいことを語る若い女性に後をつけ回されていました。何日も経ってから、パウロは霊に深い悲しみを覚えて、その悪霊にイエスの御名によって出て行けと命じました(使徒16:16−18)。
 私たちがイエスの御思いを求めている時は、自分の思いに来るもの、あるいは夢に出てくるものは何でも、主から来ていることを認識する必要があります。しかし、すべての啓示が神から来ていると考えることで大きな罠に陥る可能性もあります。私たちの思いが人の理性から来ていることもあるからです。そのような思いは肉的で、常識的な考え方にはまっています。恐れや批判の霊が伴っているので、たいていはすぐにそれとわかります。神の愛によって導かれていない思いはどれも、たいていは私たちの肉の思いから来ています。私たちの生活は恐れや憎しみによって導かれていることが多いので、そこから来る肉の思いが信仰や愛に満ちた神の御思いを阻んでしまうのです。神は私たちのように現実的な考え方をなさいません!神は不可能なことをするのを好まれますが、私たちは自分の理性で行動することが好きなのです。
 悪霊もまた、恐れやおびやかしによって導かれます。サタンは兄弟たちの告発者ですから、その支配下の悪霊たちは絶えず私たちを責め続け、私たちがもっと頑張るように仕向けてきます。それはたいてい宗教の霊としてクリスチャンに近づいて来ます。その霊は、私たちがイエスとの親密な関係を持たずに宗教的な行いをするように駆り立ててきます。聖書は確かに、私たちが祈ることや断食すること、御ことばを読むこと、失われた魂を勝ち取ること、クリスチャンと交わることを奨励しています。私たちが主にさらに近づくためにこのような行ないをするなら、変化を生み出していきます。しかし、神を喜ばせるために頑張ってやっているのなら、私たちは宗教の霊に捉えられてしまいます。神の御霊は、キリストにある恵みを受け取れるように私たちを導いてくださいます。私たちはキリストを離れては何もできないからです!
 人の霊は常識的な、肉の思いに私たちを導きます。悪霊は、私たちが罪を犯すことによってキリストとつながりを持てないようにしたり、私たちに宗教を押し付けたりしてきます。悪魔は私たちが日々キリストと交わることをしなくなり、自分の人生に対する神の御こころを受け損なうことを望んでいます。人の霊はストレスや心配へと私たちを追い込み、悪霊は不法や傲慢へと追い込みます。神の御霊は絶えず私たちを愛や平安へ導いてくださいます。神の平安がなくなったら、私たちはそこで立ち止まり、自分が異なった霊に捉われてしまっていることを認識する必要があるのです。

宣言:私には神の御霊がおられるので、霊を見分ける賜物があります。私は、人の霊、悪霊、神の御霊を区別することができます。

今日の聖書通読箇所:朝・・・民数17-18章、詩篇55篇
              夜・・・イザヤ7章、ヤコブ1章
- 2006-05-07
header
header