header header
spacer
spacer
spacer
Osaka Shalom
OsakaShalom.com
5月6日 神の道か自分の道か

わたしは、あなたがたに悟りを与え、行くべき道を教えよう。わたしはあなたがたに目を留めて、助言を与えよう。(詩篇32:8)

 これはすばらしい約束です!神ご自身が私たちに指示(悟り)を与え、教え、見守り(目を留めて)、助言を与えると約束してくださったのです。神は、私たちが何をすべきかわからない時に指示を与えたいと願っておられます。私たちが御ことばがわからない時や、自分の人生がどうなっていくのかわからない時には、教えたいと願っておられます。私たちに絶えず見守り、危険が迫っている時には私たちに知らせたいと願っておられます。毎日私たちのそばにいる人々とともにどのように物事に対処したらいいのかを知る必要がある時に、助言を与えたいと願っておられます。
 なぜ神はそのようにしたいと願っておられるのでしょうか?御自分の子どもとして私たちを愛しておられるので、導きたいと思っておられるのです。私たちが新生したのには、目的があります。神はすでに私たちのために御計画を立ててくださっています。上記の聖句では、私たちには行くべき道があると教えられています。つまり、私たちの前には、神の道と自分の道があるのです。悪魔の道もあります。エレミヤ29:11では「わたしはあなたがたのために立てている計画をよく知っているからだ。それはわざわいではなくて、平安を与える計画であり、あなたがたに将来と希望を与えるためのものだ。」と語られています。神はあなたのために立てた御計画を御存知です。その計画とはどのようなものでしょうか?そこには痛みが全くなく、私たちを成功に至らせ、私たちに希望を与え、将来のヴィジョンを与えるものなのです。
 神は、私たちが御自分の方法で語られることを理解し、その計画を知ってほしいと願っておられます。神の御計画は完全ですばらしく、喜ばしいものです。私たちに害を与えるものでなく、益となるものです。神ご自身がすばらしい方ですから、御計画もいつもすばらしいものなのです。神は、御自分が計画しておられるすばらしい人生を私たちに送らせたいと願っておられます。神は世界の創造の前から、この御計画を立てておられました(エペソ1:4)。私たちが母の胎内に形造られる前から、神は私たちを召しのために聖別しておられます(エレミヤ1:5)。神は私たちがどのような者になり、何をするのかを御存知です。神の御計画を知ることによって、私たちは自分の生きる目的を実現していくのです。この御計画は毎日実践すべきものです。この御計画に従って日々歩むことによって、私たちは自分の人生を喜び楽しむことができるのです。

宣言:神は私の人生に御計画を立ててくださっています。この御計画は完全ですばらしく、喜ばしいものです。神は私に指示を与え、教え、見守り、助言を与えてくださっています。

今日の聖書通読箇所:朝・・・民数14章、詩篇50篇
              夜・・・イザヤ3−4章、ヘブル11章
- 2006-05-02
header
header