header header
spacer
spacer
spacer
Osaka Shalom
OsakaShalom.com
5月3日 あなたが新生した時、神は語っておられた

まさしく、聖書に書いてあるとおりです。「目が見たことのないもの、耳が聞いたことのないもの、そして、人の心に思い浮かんだことのないもの。神を愛する者のために、神の備えてくださったものは、みなそうである。」神はこれを、御霊によって私たちに啓示されたのです。御霊はすべてのことを探り、神の深みにまで及ばれるからです。(1コリント2:9−10)

 イエスは私たちのために死んで罪の問題を解決してくださり、私たちを赦し、義とするために死者の中から甦られた―この福音の良い知らせを聞いた時、私たちはイエスを主として、またキリストとして受け入れました。永遠のいのちが無償で与えられると聞いたので、その神からの賜物を喜んで受け取りました。その時、私たちは、義認の賜物を受け取れば罪のない聖なる神と和解することができることも聞いていました。
 では、この時、私たちを救いへと導いたものは何だったのでしょうか?説教者のメッセージでしょうか?御ことばでしょうか?それとも、神の御霊でしょうか?聖書は、私たちは自分の力で神を知ることはできないとはっきりと教えています。私たちは、キリストの御わざによって神が私たちのために備えてくださったものを見ることも、聞くことも、理解することもできないのです。ですから、私たちが救われた時も、人を通して聖霊に語っていただく必要がありました。そして、私たちがその福音の良い知らせを聞き、救いや赦しに関する御ことばについて考え始めた時、聖霊が私たちの思いや考えに啓示を与えてくださったのです。神が私たちに語られたので、私たちは救われたのです。
 イエスは「わたしを遣わした父が引き寄せられないかぎり、だれもわたしのところに来ることはできません。わたしは終わりの日にその人をよみがえらせます。」と語られました(ヨハネ6:44)。あなたは、自分は声など聞かなかったと思っているでしょうか。その通りです!あなたは人間の声を聞いたのではありません。あなたが聞いたのは神の御思いなのです!あなたが救いのメッセージを聞いていた時、神が「今日、あなたはキリストを受け入れる必要があります。時を延ばしてはいけません。わたしはあなたを愛しています。あなたの罪を赦し、あなたをすべての汚れからきよめたいと願っています。わたしたちが和解したら、あなたは自分の人生の意味がわかるようになります。あなたには生きる目的があります。しかし、わたしがあなたに代わって選ぶことはできません。あなたが選ばなければならないのです!いのちか死かのどちらかをあなたが選ぶのです。天国か地獄かのどちらかを選ぶのです。イエスがサタンのどちらかを選ぶのです。」と語っておられたのです。その時、あなたのきよめられていない思いの中で、これらの思いが行き巡っていたのです。聖霊の御声があなたの思いに響いていたのです。あなたはすでに神の御声を聞いているのです!

宣言:主よ、私が救われた時、あなたが私に語りかけてくださったことを感謝します。あなたが毎日、私の思いの中にあなたの御思いを入れてくださることを感謝します。

今日の聖書通読箇所:朝・・・民数10章、詩篇46−47篇
              夜・・・雅歌8章、ヘブル8章
- 2006-05-02
header
header