header header
spacer
spacer
spacer
Osaka Shalom
OsakaShalom.com
3月26日 悪霊があなたに影響を与えていませんか?

神が私たちに与えてくださったものは、おくびょうの霊ではなく、力と愛と慎みとの霊です。(2テモテ1:17)

 悪魔から遣わされた悪霊が存在し、それらが開かれた扉を通って私たちの中に入ってきている可能性があることは、すでに学びました。聖書は、14の根となる悪霊が存在することを示しています。病の霊(ルカ13:11)、恐れの霊(2テモテ1:7)、占いの霊(使徒16:16−18)、姦淫の霊(ホセア4:12)、奴隷の霊(ローマ8:15)、高慢の霊(箴言16:18−19)、よろめく霊(イザヤ19:14)、反キリストの霊(1ヨハネ4:3)、おしとつんぼの霊(マルコ9:25−27)、重苦しさの霊(イザヤ61:3)、偽りを言う霊(2歴代18:22)、妬みの霊(民数5:14)、まどろみの霊(ローマ11:8)、偽りの霊(1ヨハネ4:6)です。
 聖霊が私たちの人生に実を結ばせてくださるのと同様に、これらの根となる悪霊は人生に実をつけていきます。自分の人生にこれらの悪霊の実を見るのなら、私たちはその要塞を砕き、その根の組織網を断ち切らなければなりません。
 病の霊がつける実とはどのようなものでしょうか?癌、不明熱、アレルギー、痔ろうなどの皮膚に穴が開く病気、関節炎、心臓病、糖尿病などの病気は、この病の霊によって引き起こされるものと考えられるでしょう。この霊を追い出せば、必ずいやしが起こるとは限りません。魂のいやしも必要となる時があります。からだのために適切な食事を取ることが必要な時もあります。いずれにせよ、私たちがすべての開かれた扉を悔い改めてから、この悪霊を追い出すようにすることが鉄則です。
 恐れの霊がつける実には、苦悩、悪夢、死への恐れ、臆病、拒絶、さばく心、ストレス、失敗への恐れ、人に対する恐れ、貧しくなることへの恐れ、偏頭痛、不信感、恐怖症、女性に対する恐れ、権威に対する恐れなどが挙げられます。これらはみな、この恐れの霊によって引き起こされるものです。この悪霊を追い出した後は、信仰によって生活し、再びこの恐れの霊に対して扉を開けないようにする必要があります。父なる神の愛を理解したら、私たちはいつも神に対する信仰を持つができます。神は私たちを愛しておられ、あらゆる方法を用いてケアしたいと思っておられます。神の愛にのみ目を向けていきましょう。私たちは、神を知れば知るほど、神に信頼できるようになるのです。
 
宣言:私は恐れの霊と病の霊を拒否します。その根を断ち切り、その要塞を砕きます。その実もすべて砕き、恐れと病に立ち向かいます。

今日の聖書通読箇所:朝・・・出エジプト37章、ヨハネ16章
              夜・・・箴言13章、エペソ6章
- 2006-03-23
header
header