header header
spacer
spacer
spacer
Osaka Shalom
OsakaShalom.com
3月24日 イスラエルを祝福していますか?

あなたを祝福する者をわたしは祝福し、あなたをのろう者をわたしはのろう。地上のすべての民族は、あなたによって祝福される。(創世記12:3)

 これは、神がアブラハムとユダヤ国家に対して語られたことばです。ユダヤ人は依然として神の民なのです。ですから、私たちは彼らについて語ることばに気をつけなければなりません。私たちが彼らを祝福したら、神も私たちを祝福してくださると神は約束しておられます。しかし、もし私たちが彼らを呪うなら、人生に呪いを招くことになります。
 人間の力や知恵、善意善行に信頼し依存することも呪いを招くことになります(エレミヤ17:5−6)。律法主義は、私たちにとって非常に危険なものになり得ます。神はあなたをすでに愛しておられ、あなたのうちで、あなたを通して、働きたいと願っておられます。神は、あなたが人生においてすべきことについて、あなたに語りたいと願っておられます。自分の力によってではなく、イエスの血潮が私たちを救い出したのです。私たちは、日々、イエスの恵みと力により頼んで生きる者です。自分の良い行ないから離れて、キリストにあなたのうちでよい御わざをしていただきましょう。
 盗むことや偽ることも呪いをもたらします(ゼカリヤ5:3−4)。人との会話において、もし語っていることが全部真実でなければ、それも偽りを語っていると見なさなければなりません。聖霊に何かをすると言ったまま、しないでいることも、聖霊に偽りを語ったことになります。使徒5:1−11に、アナニヤとサッピラは自分たちが捧げたもののうち一部を取っておいたので、死んでしまったと記されています。もし自分に金銭の問題があるなら、彼らは使徒たちにそれを話すべきだったのに、そうしませんでした。時々、私たちは自分をよく見せたいというプライドからうそをついて、霊的に見えるようにふるまってしまいます。イエスはこれを偽善と呼びました!私たちは神と人とに対して正直であるべきです。
 あなたが神から盗むこともあり得ると知っていましたか?もし私たちが什一献金とその他の献金を捧げないなら、神から盗んでいることになると神は語られました(マラキ3:8−9)。私たちのお金は全部、主のものですが、神の働きが前進するために、私たちの全収入から10%を神にお返しすることを神は願っておられます。マタイの福音書で、イエスは、私たちが什一献金をおろそかにすべきではないこと、しかも正義と憐れみと誠実さをもってすべきであると教えておられます(マタイ23:23)。パリサイ人は十分の一を捧げてはいましたが、正しい動機でしていなかったのです。什一献金は天の窓を開きます。また、その他の献金を捧げることは神の御国における自分の収穫のための種蒔きになります(2コリント8、9章)。今この地上で、主と主の働きのために捧げることによって、経済的な呪いが打ち砕かれることになるのです!

宣言:父なる神様、今日イスラエルを祝福してください!私はあなたの御力と知恵に信頼することを選び取ります。あなたに正直になることも選び取ります。私が什一献金とその他の献金を捧げているので、経済的な呪いは打ち砕かれています!

今日の聖書通読箇所:朝・・・出エジプト35章、ヨハネ14章
              夜・・・箴言11章、エペソ4章
- 2006-03-23
header
header