header header
spacer
spacer
spacer
Osaka Shalom
OsakaShalom.com
3月22日 呪いが存在する証拠となるものとは?

もし、あなたが、あなたの神、主の御声に聞き従わず、私が、きょう、命じる主のすべての命令とおきてとを守り行なわないなら、次のすべてののろいがあなたに臨み、あなたはのろわれる。(申命記28:15)

 私たちの人生にも呪いが働いているかもしれません。でも、私たちが神の祝福のうちに歩み、それによって人生を成功させることが神の御計画であることを忘れないようにしましょう。私たちが成功し、勝利することが神の御計画なのです。失敗や挫折が続き、実を結ばないようであるならば、私たちはその呪われた人生から祝福された人生へと移される必要があります。
 呪いが働いている時には、混乱や抑うつがあります(申命記28:28)。そのような人には、いつも暗雲が立ち込め、神の臨在がもたらす平安を経験することがありません。毎日の生活の中で、神の御声を聞き分けることが難しくなります。御ことばから啓示を受けることもなくなります。
 呪いがある証拠となるものには、特に先祖から受け継いだ特定の病気も挙げられます(申命記28:22)。例えば、心臓疾患や癌などです。ある病気が長引くようならば、呪いが働いていないかどうか、主に尋ねる必要があります。私たちが信仰によって主からいやしを受け取り、いやされることを神に感謝しているのに、何ヶ月も何も変わらないようであるならば、呪いがあると考えてよいでしょう。
 妊娠するのが難しい場合も、呪いが働いている可能性があります(申命記28:18)。不毛や不妊をもたらす呪いがあるからです。それは、身体的にも、霊的にも働く呪いです。神は私たちが子どもを生むことを望んでおられます。それが神の賜物だからです。
 家族や結婚関係における諸問題も、呪いがある証拠となります(申命記28:41)。子どもたちが神に反抗する場合や夫婦間でけんかが絶えない場合にも、呪いが働いています。離婚は呪いです。神は私たちの家庭の上に天が開かれることを望んでおられます。私たちが神の臨在を喜び楽しむことを願っておられるのです。神の臨在があれば、私たちの家庭には、愛、平安、喜びが満ち溢れ、権威があることでしょう。秩序も生じることでしょう。
 経済的な困難があることもまた、呪いが存在する証拠となります(マラキ3:9、申命記28:17、19、47−48)。私たちの経済が時おり敵に攻撃されることもありますが、もし長期に亘って経済の問題が続くのなら、貧困の呪いを打ち砕く必要があります。私たちはみな、自分の月々の生活費を賄い、その上、所属教会や世界宣教のために什一献金やその他の献金を捧げることのできる収入を得られる良い仕事に就いて当然なのです。
 多くの事故を経験したり、早死や自殺を経験したりすることも呪いです(申命記28:29)。神は私たちを自殺したくなるような思いから解放したいと願っておられます。

 宣言:私は、自分や家族に対して、これらの呪いがひとつでも働くことを、これ以上許しません。

今日の聖書通読箇所:朝・・・出エジプト33章、ヨハネ12章 
              夜・・・箴言9章、エペソ2章
- 2006-03-19
header
header