header header
spacer
spacer
spacer
Osaka Shalom
OsakaShalom.com
3月19日 あなたの心はひどく傷ついていませんか?

神である主の霊が、わたしの上にある。主はわたしに油をそそぎ、貧しい者に良い知らせを伝え、心の傷ついた者をいやすために、わたしを遣わされた。捕われ人には解放を、囚人には釈放を告げ、(イザヤ61:1)

 イエスは私たちの心の傷に包帯を巻き、いやしてくださる方です。敵に開かれたこの心の傷という扉はとても大きいものです。悪魔は私たちを傷つけたいと思っています。悪魔は他の人々のことばや行動を用いて、私たちを傷つけることができるようです。この扉は‘感情のトラウマ’と呼べるものです。私たちの人生に感情のトラウマをもたらすものは多くあります。それらのほとんどが、私たちが5歳になる前に経験するものです。その後に経験するものもあります。
 感情のトラウマを引き起こすものには、虐待、レイプ、いじめ、離婚、事故、恐怖体験、家族の死、拒絶、権威者によるコントロールなどがあります。これらの事々が私たちの心を傷つけてしまい、イエスにいやしていただかなければ、私たちは辛い人生を送ることになるのです。私たちは心から主を愛することができなくなります。自分の性格を楽しめなくなります。防御的になり、神が心を開いて欲しいと願っておられる人々に心を開くことができなくなります。次は誰が私を傷つけるのだろうかと、いつも疑心暗鬼になってしまいます。もし心の傷があるなら、それを主に委ねて、いやしていただきましょう。そのためには、主に自分の心の傷について正直に話すことが必要です。今日、時間を取って主を待ち望み、主のいやしの恵みを受け取りましょう。

宣言:父なる神様、私の心はひどく傷ついています。この傷ついた心をあなたに委ねます。今、あなたのご臨在の中で、この傷がいやされるのを待ち望みます。

今日の聖書通読箇所:朝・・・出エジプト30章、ヨハネ9章
              夜・・・箴言6章、ガラテヤ5章
- 2006-03-17
header
header