header header
spacer
spacer
spacer
Osaka Shalom
OsakaShalom.com
3月17日 あなたは罪の奴隷ですか?それとも従順の奴隷ですか?

あなたがたはこのことを知らないのですか。あなたがたが自分の身をささげて奴隷として服従すれば、その服従する相手の奴隷であって、あるいは罪の奴隷となって死に至り、あるいは従順の奴隷となって義に至るのです。(ローマ6:16)

 罪は罪です。クリスチャンである私たちは、人の罪がイエスを十字架上で殺したのであり、罪は悪であるということを知っています。イエスは私たちの罪のために死なれました。イエスは私たちを罪の報酬、罪の力、罪の存在から解放するために来られました。罪の報酬は死です。イエスは私たちの罪をその身に負われて、その死の報酬を受けてくださいました。もしキリストにある永遠のいのちの賜物を受け取ることを選び取るなら、だれも死んで地獄に行くことはありません(ローマ3〜8章)。キリストを受け入れたら、私たちは神の子とされる特権を受け取るのです(ヨハネ1:12)。
 私たちには罪に打ち勝つ力も与えられています。私たちの古い人はキリストにあって死んだので、罪の力からも解放されているのです。もし罪から解放されたいのなら、キリストが私たちのためにしてくださったことを受け取ることによって、それは可能なのです。聖霊が、私たちがクリスチャンとしての人生を生き抜くことができるように助けてくださいます。しかし、もし私たちが罪に打ち勝つために与えられた権威を用いなければ、私たちは依然として罪の奴隷なのです。それは、自分がしたくないことをしてしまうようになることを意味します(ローマ7章)。
 罪は相変わらず、私たちの生活の中に存在します。顔と顔を合わせてキリストを見ることになるまで、私たちが罪の存在から自由になることはありません。その時になれば、私たちは救いの完成を経験するでしょう(1コリント15章、2コリント3章)。それまでは、不従順が私たちに霊的な死をもたらすことはあり得るので、私たちは悪から離れて従順の奴隷にならなければなりません。悔い改めと祈りの力によって、私たちは愛と聖さのうちを歩むことができます。

宣言:父なる神様、私が罪から解放されていることを感謝します。私は、この啓示の中を歩むことを選び取ります。

今日の聖書通読箇所:朝・・・出エジプト28章、ヨハネ7章
              夜・・・箴言4章、ガラテヤ3章


- 2006-03-15
header
header