header header
spacer
spacer
spacer
Osaka Shalom
OsakaShalom.com
6月25日 神は自分を頼みとする者を助けない

しかし、蛇が悪巧みによってエバを欺いたように、万一にもあなたがたの思いが汚されて、キリストに対する真実と貞潔を失うことがあってはと、私は心配しています。(2コリント11:3)

 クリスチャンの生き方とは単純なものです。自分はひとりで生きていけないと悟り、完全に主に依存し、主に自分を変えていただき、自分の力で何かをしようとしないで生きていくことです。ただ神の御ことばを信頼し、主の導きに従って生きていくことです。
 エバは、自分の力で神のようになれると欺かれました。エバがその時すでに神のようであったことを知っていましたか?彼女は神のかたちに創られていたのです。彼女は悪魔がもたらそうとしたあらゆるものに打ち勝つ力を持っていました。彼女は悪魔に神のことばを宣言し、その場を去るように命じるべきでした。主が自分のためにすでに備えてくださっていたものを疑うべきではなかったのです。エバは神も御霊も御ことばも所有していました。自分の人生を全うするのに必要なものはすべて所有していたのです。
 悪魔はいつも、エバに語ったのと同じ嘘を私たちに語ってきます。私たちが自分に必要なものをすべて持っているわけでないと思うように欺いてきます。神は本当は私たちにすべてを与えたくないのだと欺いてきます。神にあるものよりも何か他に重要なものがあると欺いてきます。
 今日悪魔が語っている偽りは、イエスが私たちのためになさった御わざは充分ではないというものです!うちなる人を探求することを勧める教えがあります。その教えが強調するのは、人は自分で自分を救えるということです。この教えはイエス・キリストの福音を脅かすものとなっています。私たちに必要なものはすべて、キリストのうちに見出すことができるのです。十字架は、私たちの罪や肉、病気や呪い、この世、そして悪魔までも処分してくれました。私たちの永遠の住まいも備えてくれました。私たちは今、イエス・キリストにあって永遠のいのちという無償の賜物をいただいているのです。
 福音は、人は自分で自分を救うことができないという真理を語っています。私たちは、うちにおられる救い主キリストを信頼することによってのみ、生きていけるのです。私たちは、イエスの血潮が私たちのために買い取ってくださったものすべてを信頼して受け取ればよいのです。イエスだけが、私たちを完全に癒すことができる御方です。イエスだけが、私たちを本当に救うことができる御方なのです。神が私たちに願っておられる単純な人生とは、主を信頼して、主の導きに頼る人生です。私たちは絶えず主の助けを必要としています。今日、主がおられなければ何もすることができないし、生きることもできないと主に告白してください。イエスに「あなたが必要です」と告白してください。そうすれば、イエスはあなたにその御力と平安をくださいます。その愛と信仰であなたを満たしてくださいます。

宣言:主よ、私はいつもあなたを必要としています。あなたなしでは生きていけません。今日、あなたが私のために、私を通して、すべてをなしてくださると信頼しています。ありがとうございます!

今日の聖書通読箇所:朝・・・申命記30章、詩篇119篇73−96節
              夜・・・イザヤ57章、マタイ5章
- 2006-06-22
header
header