header header
spacer
spacer
spacer
Osaka Shalom
OsakaShalom.com
6月10日 宗教の霊はあなたを恵みから引き落とす

律法によって義と認められようとしているあなたがたは、キリストから離れ、恵みから落ちてしまったのです。(ガラテヤ5:4)

私たちは、祈りや聖書を読むことや断食などの良い行ないをすることによって、神から資格を得ようと努力することがよくあります。これらのことは、私たちが主との関係を成長させるために行なうことであり、良いことではあるのですが、本当に主を知り、主の導きを知るのに妨げとなることもあり得るのです。イエスが地上において働かれていた時、祈り、断食し、聖書研究をする専門家たちがいました。パリサイ人と呼ばれた人々です。彼らはイエスが好きではありませんでした。イエスは、彼らは自分が知っていると言っていることでさえ知らないのだと面と向かって彼らに言いました。彼らは、表面上は霊的に見えていましたが、心の中を覗くと、全く神を知らない人々だったのです。ですから、神を殺してしまったのです!宗教的な指導者たちがイエスを殺したのです!
私たちが行なうことはすべて、御霊が私たちの中で、また私たちを通して働かれた結果、なされるものです。祈りとは、神の御声を聞いて、神に語りかけることです。私たちは神がどのような方かを知るために聖書を読むのであって、それによって私たちは聖書の神を経験できるようになるのです。悪魔でさえ聖書を信じています。悪魔は聖書を自分の益ために受け入れていないだけです。私たちが断食をするのは、神の御前に自分をへりくだらせることによって神に近づき、神が私たちのうちに、または私たちを通して働いてくださるようにするためです。私たちは、イエスが溢れるほど与えてくださる愛をもってすべてのことを行なうのです。義務感から行なうのではありません。私たちが恵みによって行なうことはどれも、愛によって導かれているのです。宗教的な行ないによって導かれているのではありません。
自分は神の恵みをいただく資格がないと思ってしまうと、私たちは自分の努力でクリスチャンとしてすべきことをするようになります。そうなると、神の恵みから外れてしまいます。つまり、私たちのうちに働き、私たちを通して働く主の力や喜びが消えてなくなってしまうのです。あなたが救われた時、神からその恵みを受け取る資格などあなたにはありませんでした。今も同じではないでしょうか?今も私たちにその資格があるから神の御前に出られるというわけではありません。すべては神が一方的にしてくださるのです!これが恵みです!御霊が私たちのうちに、私たちを通して働かれる時に、恵みが働きます。私たちがすべきことは、御霊にすべてを委ねて、あとは信頼することだけです。私たちの古い人はすでに死にました。もう自分を十字架につけようとする必要はないのです。私たちがクリスチャン生活で何か失敗した時はいつも、自分の力でしようとしていたからそうなったのだということに気づいていましたか?イエスはあなたのうちに住んでおられ、人々を救い、いやし、解放するために、いつでもあなたの中で働き、あなたを通して働く準備ができておられるのです。今日あなたは何と格闘していますか?それをイエスに委ね、心を開いて依り頼み、あなたにとって不可能と思えることをイエスにしていただきましょう!

宣言:主イエス様、あなたの恵みがすべてのことを行なってくださることを感謝します。自分の肉の行ないを捨てて、聖霊様に私の中で、私を通して働いていただきます。イエス様の血潮によって、神の恵みをいただく資格がある者とされていますから感謝します。

今日の聖書通読箇所:朝・・・申命記15章、詩篇102篇
              夜・・・イザヤ42章、黙示12章
- 2006-06-07
header
header