header header
spacer
spacer
spacer
Osaka Shalom
OsakaShalom.com
7月29日 病気になるのではと恐れていませんか?

なぜなら、神によって生まれた者はみな、世に勝つからです。私たちの信仰、これこそ、世に打ち勝った勝利です。(1ヨハネ5:4)

 キリストを受け入れた時に、私たちは神の子どもになります。私たちは神から生まれた者です。私たちは神の霊をうちに宿しています。これらはすべてどのようにして現実となったのでしょうか?信仰によってです。私たちは神の御ことばを信じたのです。神の愛と忠実さを信じたのです。
 私たちは、どのように病気に打ち勝ち、また打ち勝ち続けたらよいのでしょうか?神の約束を信じる信仰によって歩むことがその秘訣です。私たちは、悪魔がもたらすものに負けてしまうような歩みをすべきではありません。信仰に堅く立ち、御ことばを宣言すべきなのです。
 恐れと信仰は相反するものです。信仰は御ことばの成就と神の臨在を招く扉を開きます。一方、恐れは悪魔の現われを招く扉を開いてしまいます。私たちは、恐れを抱くことがないように、自分で自分の身を守る必要があります。
 アダムとエバは、罪を犯した後、どうしたでしょうか?恐れて神から身を隠したのです。彼らは、神が永遠の愛をもって自分を愛してくださっていることを忘れてしまいました。神の愛はやむことがありません。私たちがすべきことは、神のもとへ帰り、信仰に堅く立って、その御臨在にとどまることだけなのです。
 信仰とは、神を信頼することです。信仰とは、神の変わらない御ことばを信頼することです。イエスの書である聖書は信頼し得るものです。イエスは決してうそをつかれません。イエスは私たちとは違うのです。もし私たちが信じるなら、イエスが約束されたことはすべて成就します。
 悪魔は、私たちもある種の病気や癌などになると言って、巧みにうそを語ってきます。悪魔は巧みに、そのような病気を患って死んでしまった善良なクリスチャンのことを私たちに思い起こさせたりするのです。イエスは、御自分が私たちのいやし主であり、私たちを守ってくださる方であることを信じてほしいと思っておられます。イエスは、あらゆる害から私たちを守ってくださいます。私たちの父なる神は、御自分の子どもたちを責任をもって守りたいと思っておられるのです。
 では、あなたは神を信頼していますか?神の約束は真実だと信じていますか?神はあなたが病気にならないように守ってくださると信じていますか?もしこのように信じられなければ、いずれ恐れがあなたを襲ってくるでしょう。あなたの天の父があなたをいかなる病気やわずらいからも、癌や早死からも守ってくださると強く確信するまでは、神の約束に目を留め続けてください。イエスはあなたを愛しておられ、あなたのことを心配してくださっています。将来のことを恐れて、悪魔の働きに扉を開けてしまうことがないようにしてください。信仰とは、世に打ち勝つものなのです!

宣言:父なる神様、あなたがあらゆる病気やわずらいから私を守ってくださると信じます。あなたは私を守られる方、私の盾です!あなたの愛の御手の中で、私は安全です。

今日の聖書通読箇所:朝・・・士師記12章、使徒16章
              夜・・・エレミヤ25章、マルコ11章


- 2006-07-27
header
header