header header
spacer
spacer
spacer
Osaka Shalom
OsakaShalom.com
7月24日 イエスは何を食べておられたのか?

イエスは彼らに言われた。「さあ来て、朝の食事をしなさい。」弟子たちは主であることを知っていたので、だれも「あなたはどなたですか。」とあえて尋ねる者はいなかった。イエスは来て、パンを取り、彼らにお与えになった。また、魚も同じようにされた。(ヨハネ21:12−13)

 イエスは何を食べておられたのでしょうか?地中海地方の日常食です。その食事方法を地中海式食事指導ピラミッドと呼ぶ人もいます。このピラミッド表の一番下に来るのは、玄米、全粒粉のパスタやパンのような全粒の穀物です。
 下から2番目には、野菜、果物、豆類やナッツ類が来ます。
 下から3番目は、オリーブオイルです。これが、バターやマーガリン、ショートニング(お菓子に用いられるラードなど)の代わりに使われているのです。オリーブオイルは昔から料理に用いられていました。
 このピラミッド表の下から4番目は、チーズやヨーグルトです。ミルクは飲み物としてではなく、普通はヨーグルトにして、砂糖を加えずに食べられているのです。
 この4つのレベルの食べ物が日常食として食べられています。ピラミッド表の下から5番目にくる魚は、週に2〜3回の割合で食されています。鶏肉や牛や豚などの肉となると、それよりも回数が減ります。
 卵や家禽(ニワトリやアヒル、七面鳥など)の肉がピラミッドの6番目に来ますが、主に鶏肉が週に1〜2回食されています。普通は鶏肉も七面鳥も料理する前に皮をはぎ、滅多に油で揚げられることはありません。卵は一般的にパン作りに用いられます。
 7番目に来るのが、甘いデザートです。私たちの通常の食事と違って、地中海地方の食事のデザートは新鮮な果物です。キャンディやケーキなどの砂糖を多く含むものは、結婚式や誕生日などの特別な時のために取っておくのです。
 このピラミッド表の一番上に来るのは、牛肉や仔牛肉、羊や子羊の肉、山羊の肉、豚肉などです。これらの肉を頻繁に食べる私たちと違って、地中海地方の国々の人々がこれらを月に1〜2回以上食べることは滅多にありません。これらも特別な時のために取っておかれることが多く、食事のメインコースでそれらが供されることも滅多にないのです。
 では、人々はこのタイプの食事をどのように楽しんでいるのでしょうか?彼らは、リラックスした、家族団らんの雰囲気の中で食事しています。多くの人々が独りで食事したり、ストレス緩和のために精神安定剤のように食べ物を利用したりしているのに反して、この地中海地方では、他の人々とにぎわいながら食事を楽しんでいるのです。人々は食事をゆっくり味わい、語り合い、笑い合いながら、その場を楽しみ、家族の絆を深めているのです。
 これが、イエスが食されたものです。イエスはこんな雰囲気の中で食事をしておられました。私たちも意識して正しい食生活に戻る必要があります。なぜなら、私たちは生ける神の宮であり、自分の人生のために用意された神の御こころを成就したいと願っているからです。私たちもイエスがなされたように食することで、健康のうちを歩んでいきましょう!

宣言:主よ、あなたがなされたように食事することで、私はあなたに従っていきたいです。主よ、私が正しい食生活を送れるように助けてください。

今日の聖書通読箇所:朝・・・士師記7章、使徒11章
              夜・・・エレミヤ20章、マルコ6章

- 2006-07-22
header
header