header header
spacer
spacer
spacer
Osaka Shalom
OsakaShalom.com
7月20日 癒しの油注ぎとは

ある日のこと、イエスが教えておられると、パリサイ人と律法の教師たちも、そこにすわっていた。彼らは、ガリラヤとユダヤとのすべての村々や、エルサレムから来ていた。イエスは、主の御力をもって、病気を直しておられた。(ルカ5:17)

 癒しの油注ぎとはどのようなものでしょうか?主の御力が現われ、その場所に癒しが起こる環境が整った時、そこに癒しの油注ぎがあると言えます。その部屋に油注ぎがあるのなら、もはやあなたの信仰のレベルではなく、神の臨在のレベルが問題になってきます。神の臨在が強く現われるなら、病気やわずらいはたちまち追い出されます。それには、あなたが神の癒しを信じられるかどうかは全く関係ありません。神の臨在が癒しを行なっている人の上にどれだけ強く臨むかが重要になってくるのです。
 神の臨在が人や場所に力強く臨む時、そこにいるあなたが信じているか否かは問題にはなりません。あなたに罪があるかないかも問題にはならないのです。病気は、神の力強い臨在の中に現わされた権威に従うしかなくなるのです。
 使徒5:15には、寝台に寝かせられた病人が列をなして、ペテロの影にでもかかれることができたらと思い、待っていたことが書かれてあります。ペテロは神の力強い臨在を持ち運んでいたので、彼がそばを通りかかるだけで奇蹟が起こったのです。
 ある集会では、その建物の中の神の臨在があまりにも力強いので、席に座っている人々がその場で癒されることがあります。神がすぐ近くにおられるだけで、奇蹟は起こり得るのです。
 私たちは皆、油注ぎがある時でも信仰は重要であることを知っています。しかし、神の臨在が力強く現われた時はもう、私たちの信仰のレベルは問題ではなくなります。信仰の賜物が、神の恵みによって働き始めるのです。信仰の賜物が私たちのうちで活性化されると、私たちは神の超自然的な力を受け取るようになります。私たちは、自分を満たし、ミニストリーしているその場を満たてしてくださる神の力強い臨在にもっと開かれていく必要があります。私たちが神の力強い臨在にもっと満たされ、それが私たちを通して流れ出ていき、町全体が満たされていくことを神は願っておられるのです。私たちには癒しの油注ぎが必要です。主の御力が現わされてくることが必要なのです。

宣言:主よ、私のうちに、私を通して、あなたの癒しの力を強く現わしてください。あなたの癒しの油注ぎで私をもっと満たしてください。主よ、感謝します。

今日の聖書通読箇所:朝・・・士師記3章、使徒7章
              夜・・・エレミヤ16章、マルコ2章

- 2006-07-19
header
header