header header
spacer
spacer
spacer
Osaka Shalom
OsakaShalom.com
7月14日 癒しを受け取り、持続させるには(3)

まことに、あなたがたに告げます。だれでも、この山に向かって、『動いて、海にはいれ。』と言って、心の中で疑わず、ただ、自分の言ったとおりになると信じるなら、そのとおりになります。(マルコ11:23)

祈りについて教えられた時、イエスは、私たちが口にすることばの重要性に言及されました。私たちが信仰によって宣言するなら、そのとおりになるとイエスは教えられました。私たちは自分が言ったとおりになることを信じなければならないと教えられたのです。
 箴言18:21では、「死と生は舌に支配される。どちらかを愛して、人はその実を食べる。」と教えられています。あなたの舌は、生と死の力を持っているのです。あなたの口のことばには、信仰か恐れのどちらかを解き放つ力があるのです。祈ることも、語ることも、同じ行為であることを知っていましたか?多くの人が、癒しのために祈りさえすれば、あとは何を言ってもかまわないと思っています。しかし、あなたが口にした疑いや恐れのことばが、あなたが祈ったことをすべて無効にしてしまうこともあるのです。
 神に癒しを求めたら、私たちはすでにそれを霊において受け取ったと信じる必要があります。たとえその結果がすぐには現われなくても、あたかも癒されたかのように宣言する必要があるのです。私たちは、その現われを見たいと思っているものを自分の口で宣言していかなければなりません。神の御ことばと一致していることであるならば特に、私たちが宣言すればするほど、それに対する信仰が強まってくるのです。
 私たちは、御ことばを語る必要があります。御ことばが御霊の剣だからです(エペソ6:17)。私たちが御ことばを語れば語るほど、ますます心に信仰が湧き上がってきます(ローマ10:17)。私たちはたやすく自分の感情に流されてしまいます。なんだか体調がすぐれないと思うと、体調が悪くなっていきます。そして病気になってしまうのです!しかし、神の御ことばを宣言すると、状況は変化していくのです。イエスが御ことばをもって人を癒したように、私たちも同じことをする必要があるのです。
 あなたは自分の病気について何と言っていますか?自分は癒されると宣言していますか?神がすでに癒しを求める祈りを聞いてくださり、その答えがまもなく来ることを神に感謝していますか?御ことばに書かれている癒しの約束のことばを宣言することで、信仰があなたのうちに立ち上がってきていますか?神は誠実な方です。私たちが癒しを信じ、忍耐を持って待ち望むなら、必ず癒しを行なってくださいます。御ことばを信頼してください。そうすれば、神がその癒しの力を現してくださるでしょう。

宣言:イエスの打ち傷によって私は癒されました。頭のてっぺんから足のつま先まで、私のからだは癒されていきます。主は私のいやし主ですから、私のすべての病を癒してくださいます。

今日の聖書通読箇所:朝・・・ヨシュア20−21章、使徒1章
              夜・・・エレミヤ10章、マタイ24章

- 2006-07-12
header
header