header header
spacer
spacer
spacer
Osaka Shalom
OsakaShalom.com
1月30日のデボーション

1月30日          あなたは神の御声を聞いて理解できる

いったい、「だれが主のみこころを知り、主を導くことができたか。」ところが、私たちには、キリストの心があるのです。(1コリント2:16)

 多くの人々が、占いや霊媒に関係するネットワークに関わるようになっています。人々は、霊の世界が自分たちに何を語っているのか知りたがっているのです。私たちは霊的な存在なので、このように霊的な領域に関心を持つのです。肉の目で見ることのできないその領域には何かがあるということを、私たちは知っています。
 しかし、もしあなたがキリストに信仰を置くなら、あなたのうちに聖霊を迎えることになります。聖霊を受けると、あなたはキリストの心を受けます。イエスは、聖霊が私たちをすべての真理に導き入れると言われました。聖霊は、御自分から語るのではなく、聞くままを話し、またやがて起ころうとしていることをあなたに示されます(ヨハネ16:13)。聖霊は、天において主が語っておられることを聞き、それを私たちの霊に示してくださいます。だから、私たちにはキリストの心があると、ここで教えられているのです。
 神はすべてを御存知です。神は私たちの将来を御存知です。私たちが何をすべきで、何をすべきでないかも御存知です。どのように問題を解決したらいいかも御存知です。どのようにいやしを受け取ったらいいかも御存知です。神の御ことばに関することもすべ御存知なのです。私たちには聖霊がおられことをはっきり理解する必要があります。私たちは、聖霊にいろいろと質問することができます。時間を取って耳を傾ければ、神が私たちに語っておられることを聞くこともできます。私たちは、このように創造主である神に聞くことができるのに、なぜ人のところへ聞きに行くのですか?イエスは、私たちが願っている以上に、私たちと語り合いたいと願っておられます。今日、時間を取って神に聞き、神がすでにあなたの人生に立てておられる御計画がどのようなものであるかを理解しましょう。神はこの世を創造される前に、すでにそれを定めておられたのです(エペソ2:10)。主をほめたたえましょう!

宣言:私にはキリストの心があります。私は神の御声を聞くことができます。聖霊様、今日、私を導いてください。私は、今日一日、絶えずあなたの仰せに耳を傾けます。

今日の聖書通読箇所:朝・・・創世記31章、マルコ2章
              夜・・・エステル7章、ローマ2章
- 2006-01-27

このリソースにはURLリンクはありません
このリソースにはMP3ファイルはありません
header
header