header header
spacer
spacer
spacer
Osaka Shalom
OsakaShalom.com
1月22日のデボーション

1月22日                 罪からの解放

そして自分から十字架の上で、私たちの罪をその身に負われました。それは、私たちが罪を離れ、義のために生きるためです。キリストの打ち傷のゆえに、あなたがたは、いやされたのです。(1ペテロ2:24)

 あなたは、すべての人の問題が罪から来ていることを知っていましたか?では、罪とは何でしょうか?罪とは、神なしで、神とは無関係に自分の力で生きることです。神がしてはいけないと言われることをすることです。罪は、病気、恐れ、殺人、呪いが私たちの人生に入ってしまう扉を開けます。アダムが神の命令に背くことを選んだ時、完璧であったすべてのものが消えうせました。それまでは、人の神との関係も、お互いの関係も、完璧ですばらしいものでした。そこへ罪が入り、問題が生じ始めたのです。
 これは絶対に忘れてはいけないことですが、私たちは、救われ、赦されてからも、できることは何でもして、神のみことばに背かないようにしなければなりません。そうすれば、私たちは、神の栄光を日々経験する祝福に与かることができます。イエスが死なれたのは、私たちが義のために生きるためでした。義とは、神の方法で何かを行なうことです。神の方法を知り、それに従うなら、私たちは神の臨在が増し加わるのを経験するようになるのです。
 では、どのように罪に打ち勝てばよいのでしょうか?上記の聖句には、キリストの打ち傷のゆえに、私たちはいやされたと書かれてあります。私たちは、イエスの血潮の勝利によって打ち勝つのです。私たちのうちにおられる聖霊に従うことによって、私たちは、聖なる神に対して罪を犯すことから自分を守ることができます。私たちは、自分を自由にしてくださる方を人生にお迎えすることによって、自由になれるのです。真理は私たちを自由にします。そのためには、神のみことばを豊かに私たちのうちに住まわせなければなりません。神が罪を憎まれるのですから、神の子どもである私たちも罪を憎むべきです。私たちは、イエスの血潮を信じる信仰によって、勝利者になれるのです。たとえ失敗しても、聖霊と聖なるみことばの助けをいただいて、すぐに罪を告白し、聖い生き方に戻ればいいのです。そうすれば、私たちは神の栄光を見るでしょう!
 
宣言:天の父なる神様、イエス様の血潮によって私を解放し、自由にしてくださったことを感謝します。イエス様が死なれたのは、私が聖い生き方をするためです。ですから、主よ、私はもっとあなたのようになりたいのです!いつもあなたの臨在の中で生きたいのです。私は神の聖さを愛します!そして罪を憎みます!

今日の聖書通読箇所:朝・・・創世記23章、マタイ22章
              夜・・・ネヘミヤ12章、使徒22章

- 2006-01-20
header
header