header header
spacer
spacer
spacer
Osaka Shalom
OsakaShalom.com
1月21日のデボーション

1月21日           あなたの罪は赦され、忘れられている

神は、私たちを暗やみの圧制から救い出して、愛する御子のご支配の中に移してくださいました。この御子のうちにあって、私たちは、贖い、すなわち罪の赦しを得ています。(コロサイ1:13−14)

 あなたはキリストを受け入れましたか?キリストに自分の一つひとつの罪を赦してくださるように願い求めましたか?それなら、あなたは有罪判決を受けることはありません。あなたに罪はありません。あなたは、そのような罪を犯したことなどなかったかのように、自由に生きることができます。ただ終わりの日に、創造主である私たちの主に申し開きをすることだけはしなければなりません。私たちは主に対して罪を犯したのですから、主の質問に答えることはしなければならないのです。
 神は、御自身のために私たちの罪をぬぐい去り、もう私たちの罪を思いださないと語っておられます(イザヤ43:25)。私たちには、これは信じがたいことかもしれません。しかし、神は御自分が語られたことを必ず成してくださる方です。私たちは、同じ罪について、何度も赦しを請い続ける必要はないのです。あなたの犯した罪はどれも赦され、忘れられています。赦すとは「遠くへ追い払う」、「負債を免除する」という意味です。イエスは私たちの負債をすべて免除してくださいました。私たちが二度とそれらに縛られることがないようにしてくださったのです。ですから、サタンは、私たちを責め立てる債務証書に何も見出すことはできないのです!
 自分が赦されていることを知ったら、私たちは、神と親しく交わり、神の恵みを喜んで受け、神のみこころを行なうことを求めることができるようになります。赦しとは、罪を大目にみることではありません。むしろ、神に従うことへの励ましなのです。私たちは赦されたので、人を赦すことができます。イエスの血潮が私たちを救い出し、贖い、罪の赦しを得させてくださいました。イエスの血潮を神に感謝します!

宣言:イエスの血潮によって、私の罪はすべて赦され、忘れられています。ですから、私は、何のうしろめたさもなく、自由に主に仕えることができます。

今日の聖書通読箇所:朝・・・創世記22章、マタイ21章
              夜・・・ネヘミヤ11章、使徒21章
- 2006-01-20
header
header