header header
spacer
spacer
spacer
Osaka Shalom
OsakaShalom.com
1月11日のデボーション

1月11日         神の義を受け、いのちにあって支配する

もしひとりの人の違反により、ひとりによって死が支配するようになったとすれば、なおさらのこと、恵みと義の賜物とを豊かに受けている人々は、ひとりの人イエス・キリストにより、いのちにあって支配するのです。(ローマ5:17)

 アダムは、罪によって死が支配するようになるという結果を招きました。しかし、私たちが神の恵み、つまり義の賜物を受け取ると、イエス・キリストによって、いのちにあって支配するようになるのです。うちにおられるイエスの義のゆえに自分が義と認められることを知るなら、私たちは、もはや自分自身を軽んじなくなります。それどころか、キリストにある本当の自分の人生を送るようになります。
 多くのクリスチャンは、セルフイメージに問題があります。自己評価が低いのです。あなたは自分が神に義と認められていることを理解していましたか?自分が神の子どもであるとわかっていましたか?父なる神がイエスと同様にあなたを愛しておられることを知っていましたか?あなたは、神の目には特別な存在なのです。あなたは、聖なる神の御前に大胆に出ることができるのです。神はあなたに「おまえはここで何をしているのか?おまえがここに来ることなど許していない。汚れた者よ。わたしに近寄るな。」とは言われません。
 主は決してそんなことは言われません。あなたも私も、ありのままの姿で神の御前に出ることが許されています。私たちが神の子どもであり、神が私たちの父であるからです。神の御前へ行って、「お父さん」と呼びかけることができるのです。その時、神は、私たちの人生の必要を満たすために、喜んで憐みと恵みを与えてくださるでしょう。
信仰を持って神の御前へ行き、「お父さん」と呼んでみましょう!

宣言:お父さん、キリストが完成された御わざを信じる信仰によって、私はあなたの御前へ行きます。私はイエス様のゆえに義とされました。私はあなたに愛されています。もはや私を責め立てるものは何もありません!ありがとう、イエス様!

今日の聖書箇所:朝・・・創世記12章、マタイ11章
           夜・・・ネヘミヤ1章、使徒11章
- 2006-01-07
header
header