header header
spacer
spacer
spacer
Osaka Shalom
OsakaShalom.com
2月28日 聖霊はあなたと交わりたいと願っておられます!

主イエス・キリストの恵み、神の愛、聖霊の交わりが、あなたがたすべてとともにありますように。(2コリント13:13)

 聖霊は、私たちに話しかけ、私たちを導きたいと願っておられます。聖霊は、私たちの人生にキリストの恵みと愛をもたらしたいと願っておられるのです。聖霊は私たちに神の臨在を伝えてくださいます。聖霊に私たちのうちで働いていただくと、神の愛がわかってきます。聖霊は私たちに神の愛を経験させてくださるのです。それは他では決して経験できない愛です。
 私たちは人の愛も経験できますし、それには良い面もあります。しかし、神の愛は人の愛とは違うものです。それは聖い愛です。私たちを造り変える愛です。無条件の愛です。決して私たちを捨ててひとりにしない愛です。聖霊は、私たちがその愛を信じているだけでなく、知ってほしいと願っておられます。あなたの霊は、この神の愛を経験することができるのです。
 もし私たちが聖霊と語り合うなら、私たちは神の栄光を経験していきます。神の臨在がわかるようになります。たとえ欲しいものすべてを手にしても、神の臨在がないなら、決して私たちの心が満たされることはないでしょう。私たちはみな、満ち足りた生活を求めています。心が満たされることを求めているのです。しかし、私たちの霊は、キリストの愛なくしては満ち足りることはありません。聖霊は私たちの霊が満ち足りることを願っておられます。
 では、なぜ私たちは時おり、神の臨在を経験できないのでしょうか?それは、私たちが神とともに過ごす時間を持っていないからです。神と私たちはお互いに語り合わなければなりません。そのために、私たちは神に時間を捧げる必要があるのです。聖書はこれを‘静まって主を待ち望む時’と呼んでいます。私たちが心を注いで主に語りかけていくと、神の臨在を経験し始めます。聖霊があなたに神の愛を教えてくださるように求めましょう。神の栄光、神にある喜びや平安を求めましょう。主を待ち望むにつれて、私たちは神の臨在に敏感になっていきます。私たちは神の臨在を体験していく必要があります。聖霊がしたいと願っておられることをしていただきましょう。聖霊は忠実な方です。主を待ち望み、神の栄光を見ていきましょう!

宣言:私は静まって、臨在しておられる神様を見、神様の御声を聞いていきます。私は神様の友達です。神様の子どもです。私はこれから、神様ご自身を喜び楽しむようになります。

今日の聖書通読箇所:朝・・・出エジプト11−12:21、ルカ14章
              夜・・・ヨブ29章、1コリント15章
- 2006-02-26
header
header