header header
spacer
spacer
spacer
Osaka Shalom
OsakaShalom.com
2月16日 聖霊に満ち溢れているのは誰ですか?

そこで、兄弟たち。あなたがたの中から、御霊と知恵とに満ちた、評判の良い人たち七人を選びなさい。私たちはその人たちをこの仕事に当たらせることにします。そして、私たちは、もっぱら祈りとみことばの奉仕に励むことにします。(使徒6:3−4)

 もし教会のリーダーがあなたのところへ来て、聖霊に満ち溢れた人を7人見つけてくださいと頼んだら、あなたならどうしますか?異言を話す人々を捜そうとする人もいるかもしれませんが、御存知のとおり、このエルサレムの教会には、異言を話す人が少なくとも120人はいたのです。その人たちはすでに、聖霊の満たしを経験していました。では、使徒たちが言った「聖霊に満ちた」とは、どういう意味だったのでしょうか?この指示を聞いた人々は、その意味がよくわかっていたにちがいありません。それは何でしょうか?
 私たちが聖霊に満ち溢れたら、聖霊の願いが私たちの願いになると、私は信じています。これは、私たちが愛と聖さに満ちた者になるということです。長老や執事になる資格の1つに挙げられるのは、仕える者の心を持っているということです。それは、小さい事にも忠実であるということです。イエスがいつも教えていたのは、偉くなりたいと思う者はみなに仕える者になりなさいということでした(マルコ10:41−45)。聖霊に満ち溢れたら、私たちの心は愛や謙遜、みなに仕えたいという思いでいっぱいになります。あなたは、異言で祈っていても、悪魔のようにふるまうことがあり得るということを知っていましたか?あなたが山を動かすほどの信仰を持っていても、人々に仕える中で現わされていく愛がなければ、何の意味もないのです(1コリ13:1−3)。
 聖霊に満ち溢れるとは、イエスのように仕える者の心を持つことです。愛の心を持つことです。プライドで歩むのではなく、謙遜な心を持つことです。聖霊にキリストの御人格を私たちのうちに形造っていただきましょう。それは、みなに仕える者になることです。クリスチャンが愛や忠実さ、謙遜の中を歩んでいるなら、その人こそ聖霊に満ち溢れた人だと確信を持って言えます。愛の聖霊が、私たちの自己中心的な生き方をすでに取り扱ってくださっています。それでは、質問します。あなたは聖霊に満ち溢れていますか?

宣言:天の父なる神様、わたしをもっとあなたのように造りかえてください。人々が私を見て、あなたを知ることができるようにしてください。あなたの愛で私を満たしてください。私は、みなに仕える者になりたいのです。

今日の聖書通読箇所:朝・・・創世記49章、ルカ2章
              夜・・・ヨブ15章、1コリント3章
- 2006-02-13
header
header