header header
spacer
spacer
spacer
Osaka Shalom
OsakaShalom.com
12月28日 御霊の剣

救いのかぶとをかぶり、また御霊の与える剣である、神のことばを受け取りなさい。(エペソ6:17)

 悪魔の働きを縛る時、私たちは神の御ことばを霊的な領域に向かって宣言していかなければなりません。目に見える領域で収穫を生み出すためには、私たちが霊的な領域に御ことばの種を蒔いていかなければならないのです。
 私たちが自分の家庭や住んでいる町で人々が救われていくために信仰の戦いを勇敢に戦うつもりでいるなら、目に見えない領域を歩んでいかなければなりません。神の国は目に見えません。いつかそれが目に見える形で現れる日が必ず来ますが、今は御ことばを信じる信仰によって歩んでいかなければならないのです。御ことばは、私たちが目に見えない領域で働く方法を知るための手引書です。
 この地上でミニストリーをしておられた時、イエスは開かれた天の下で御わざを行なっておられました。イエスは盲人の目を開き、足なえを歩かせましたが、どのようにしてその御わざをなされたのでしょうか? イエスは、ただ神のことばを語っておられただけでした。
 ヨハネ8:28で、イエスは、「あなたがたが人の子を上げてしまうと、その時、あなたがたは、わたしが何であるか、また、わたしがわたし自身からは何事もせず、ただ父がわたしに教えられたとおりに、これらのことを話していることを、知るようになります」と言われました。イエスは、父なる神が御自分に教えられたことだけを語っておられたのです。
 御自分のミニストリーにおいて、イエスは神のことばだけを語っておられました。イエスは真理を語っておられたのです。真理である御ことばによって、イエスは弟子たちをきよめたと記されています(ヨハネ17:17)。イエスは、人々だけでなく悪魔にも、神のことばを宣言しておられました(マタイ4:1−11)。
 なぜ霊的戦いにおいて御ことばを宣言することが、そんなに重要なのでしょうか? 神も神の御使いも、地上で神の御こころを行なうのに御ことばを必要としているからです。詩篇103:20には、「主をほめたたえよ。御使いたちよ。みことばの声に聞き従い、みことばを行なう力ある勇士たちよ」と書いてあります。
 御使いたちはたいてい、目に見えない領域にとどまり、戦っています。神が時おり私たちの目を開いてくださり、御使いを見せてくださることもあります。しかし、私たちが信仰によって歩み、御ことばを霊的な領域で宣言することによって、御使いが神の御こころを行なえるようになり、その結果、私たちの家庭や町で人々が救われて、変革がもたらされるのです。私たちが御ことばを宣言しないと、御使いたちが動くことはありません。御使いは、御ことばによる命令を待っている「仕える霊」です。私たちが宣言すると、御使いたちが戦うために解き放たれていくのです!
 私たちの口から御ことばの剣を解き放っていきましょう。そうすれば、天の軍勢が霊的な領域で神の御こころを行なうことができるようになり、その結果、私たちの家庭や町でその御こころが現実のものとなるのです。あなたは御ことばを宣言していますか? もしまだなら、今から宣言し始めてください!

宣言:地獄の門が教会に打ち勝つことはないと宣言します!

今日の聖書通読箇所:朝・・・U歴代33章、黙示19章
              夜・・・マラキ1章、ヨハネ18章


- 2006-12-27
header
header