header header
spacer
spacer
spacer
Osaka Shalom
OsakaShalom.com
12月13日 何が群衆を惹きつけたのか?

それから、イエスは弟子たちとともに湖のほうに退かれた。すると、ガリラヤから出て来た大ぜいの人々がついて行った。またユダヤから、エルサレムから、イドマヤから、ヨルダンの川向こうやツロ、シドンあたりから、大ぜいの人々が、イエスの行なっておられることを聞いて、みもとにやって来た。(マルコ3:7−8)

 イエスはミニストリーを始めた時、多くの人々を惹きつけました。聖書は、どうしてその人々がイエスのところへやって来たのかを明確に語っています。イエスが行なっているわざに関してうわさが広まり、それを耳にした人々が自分も神の国のメッセージを聞き、癒され、解放されたいと願い、やって来たのです。
 私たちは、イエスの説教だけがイエスのところへ人々を引き寄せていたのだと思いがちです。しかし、人々にわざわざ家を出てイエスが何をしているのか見に行こうと思わせたのは、イエスが行なったわざだったのです。
 イエスの癒しと解放のミニストリーが、人々を実際的に助けていました。人々をその束縛から自由にしていました。神の力を経験した時、人々は神の愛をその心にしっかりと受け取ることができたのです。
 10節には、イエスが多くの人々を癒したと記されています。イエスのうちにある力が非常に強かったので、人々はイエスに触れようと押し寄せてきました。そしてイエスに触れた時、彼らは癒され、解放されたのです。
11節には、悪霊たちがイエスを見ると叫び声をあげたと記されています。悪霊たちはイエスを見ると正体を現さざるを得ませんでした。イエスは悪霊を捜し出す必要がありませんでした。悪霊たちはイエスを非常に恐れていたので、正体を現すほか術がなかったのです! その悪霊たちをひれ伏させたのは、イエスの油注ぎでした。
 私たちのうちにある神の臨在が町々にいる悪霊どもを震え上がらす時、リバイバルは起こります。私たちのうちにある栄光が輝き始める時、解放される人々が起こされます。私たちから油注ぎが溢れ流れる時、私たちは病人を癒し、悪霊を追い出し、人々を解放するようになっていきます。私たちにある油注ぎによって、人々は私たちのところへ引き寄せられて来て、私たちの服に触れようとさえするのです。人々が、もし私たちの上にある栄光に触れることができたら癒され、自分があらゆる抑圧的な霊から解放されることがわかるようになるからです。
 すでに学んだように、もし私たちがリバイバルを望むのなら、病人を癒し、悪霊を追い出すことが当たり前のようになっていかなければなりません。解放のわざは多くの人々をイエスのところへ引き寄せるすばらしい道具です。イエスは私たちを通して、今でも病人を癒しておられます。私たちによって悪霊を追い出しておられます。イエスが御自分の霊と御名をくださったのは、それによって私たちが出て行って福音を宣べ伝え、その力を行使するためです。あなたはリバイバルを始める準備ができていますか? あなたがイエスを信じる者であるなら、すでにあなたの町を変える準備はできているのです。

宣言:私は油注がれています。私にはイエスの御名が与えられています。リバイバルは私のものです!

今日の聖書通読箇所:朝・・・U歴代14−15章、黙示4章
              夜・・・ハガイ2章、ヨハネ3章
- 2006-12-12
header
header