header header
spacer
spacer
spacer
Osaka Shalom
OsakaShalom.com
12月11日 主に雨を求めよ

しかし、あなたがたが、渡って行って、所有しようとしている地は、山と谷の地であり、天の雨で潤っている。そこはあなたの神、主が求められる地で、年の初めから年の終わりまで、あなたの神、主が、絶えずその上に目を留めておられる地である。・・・「わたしは季節にしたがって、あなたがたの地に雨、先の雨と後の雨を与えよう。あなたは、あなたの穀物と新しいぶどう酒と油を集めよう。(申命記11:11−12,14)

 神は御自分の民に、彼らが神の命令に聞き従い、まず第一に神を愛し、心を尽くし、思いを尽くして神に仕えるなら、先の雨と後の雨を与えると語られました。天から雨が降ると、その結果、どうなるのでしょうか? 穀物や新しいぶどう酒、そして油が産出されるのです。
 私たちが魂の大収穫を経験するには、まず第一に神を愛し、日ごとに神に仕えていかなければなりません。私たちのすべきことは、神の国とその義を第一に求めることなのです。毎日の生活の中でイエスを愛し、まず第一にイエスに仕えていくなら、私たちが雨を求めると、主が御自分の力と油注ぎを与えてくださるのです。私たちは皆、御霊に満たされ、福音を語り、奇蹟やしるし、不思議を行なう超自然的な力を受けるようになるのです。
 ゼカリヤ10:1には、「後の雨のときに、主に雨を求めよ。主はいなびかりを造り、大雨を人々に与え、野の草をすべての人に下さる」と書かれています。
 私たちが神の祝福の雨を求めないのなら、信じる者1人ひとりに訪れようとしている収穫の時を見ることはないでしょう。すべてのクリスチャンが人々をキリストのもとへ導くことによって実を結ぶように召されているのです。しかし、あらゆる国の人々を弟子とする働きは、私たちの肉の力ではできません。神の超自然的な力が私たちの生活に解き放たれる必要があるのです。溢れるほど豊かな神の恵みが必要なのです。
 申命記11:16〜17には、「気をつけなさい。あなたがたの心が迷い、横道にそれて、ほかの神々に仕え、それを拝むことのないように。主の怒りがあなたがたに向かって燃え上がり、主が天を閉ざされないように。そうなると、雨は降らず、地はその産物を出さず、あなたがたは、主が与えようとしておられるその良い地から、すぐに滅び去ってしまおう」と書いてあります。
 地がその産物を出さなくなっているなら、私たちは天が閉じられてしまっているのではないかと疑う必要があります。神が私たちに国々を与え、人々を弟子にしようとしておられるのに、私たちの心が惑わされて、金銭や安逸、高慢や肉欲といった偶像に仕えているなら、神が与えようとしておられる良い地を享受することはないでしょう。ですから、心を尽くして神を愛していきましょう!

宣言:主よ、私はあなたを愛します。あなたに仕えます。あなたの臨在の雨を求めます。

今日の聖書通読箇所:朝・・・U歴代11-12章、黙示2章
              朝・・・ゼパニヤ3章、ヨハネ1章

- 2006-12-10
header
header