header header
spacer
spacer
spacer
Osaka Shalom
OsakaShalom.com
8月6日 貧困が敬虔を生み出すのか?

アブラムは家畜と銀と金とに非常に富んでいた。(創世記13:2)

 多くのクリスチャンは、貧困が敬虔を生み出すので、神は御自分の民が何も持たないことを望んでおられると思っています。彼らはいつも、この世の富を持つことを恐れているのです。これは真実でしょうか?神もこのように思っておられるのでしょうか?いいえ、違います。
 聖書は、神は世のすべてのものを所有しておられると教えています(詩篇50:10,12)。神は聖なる方ですか?神は霊ですか?もちろん、そうです。黄金を初め、あらゆるものを所有しておられても、神は絶対的に聖い方です。もし神が貧困を是認しておられるのなら、御自分の貧しさを啓示しておられるはずです。しかし、神は何の問題もなく、すばらしいものを所有され、人々を豊かにしておられます。
 神はアブラハムを非常に富める者になさいました。声に出して言ってみてください!神はアブラハムを‘非常に富める者’になさいました!創世記12章で、神はアブラハムを祝福されました。その結果、彼がどうなったかは、13章に記されています。それを見てください。
 ソロモン王のことを聞いたことがありますか?彼は非常に聡明で、その人生は神の祝福に満ちていました。神によって、彼はどんな人になりましたか?地上で一番裕福な人になったのです。彼の知恵と繁栄は、当時、世界中に知れ渡っていました(1列王記10:7)。
 悪魔は神がヨブを祝福していることに非常に腹を立てていました。神はどのようにヨブを祝福したのでしょうか?彼を非常に富む者にしたのです(ヨブ1:3)。ヨブは試みと苦難を経験し、すべての富を失いました。神はそのことを喜んでおられましたか?いいえ。癒された後、ヨブは所有していた財産の2倍を神から受け取りました。神は彼を元の2倍の富をもって祝福されたのです(ヨブ42:12)。
 旧約聖書には、神の民が従順のうちを歩むならば、神が彼らを祝福されたことが記されています。彼らが主なる神を恐れ、神を第一にしていたので、彼らは繁栄したのです。
 聖書を読むと、神は人が富を持ち、繁栄することを否定しておられないことがわかります。神が否定しておられるのは、人が貪欲になることです。この地上において神の御計画を成就するために、神とともに歩むなら、私たちは神の祝福を受けるのです。
 貧困と欠乏が呪いであることは、いつも心に留めておく必要があります。神が、繁栄は祝福であるが貧困は呪いであると語っておられるのです。イエスは、私たちをすべての呪いから解放するために来られました(ガラテヤ3:15−16)。イエスは、貧しい者に良い知らせをもたらすために来られたのです。神は、私たちが経済的にも祝福され、自分の人生を楽しみ、地の果てにまで福音が宣べ伝えられるために喜んで経済的なサポートができるようになることを願っておられます。神が私たちに解き放ちたいと願っておられる富を、私たちは正しく管理できるでしょうか?神が今与えてくださっている小さな祝福を、私たちは忠実に用いているでしょうか?御ことばを宣べ伝える働きのために、喜んでそれを捧げることができるでしょうか?

宣言:福音宣教の働きを祝福できるようになるために、私は必ず貧困から抜け出すと宣言します。

今日の聖書通読箇所:朝・・・士師記20章、使徒24章
              夜・・・エレミヤ34章、詩篇5-6篇
- 2006-08-04
header
header