header header
spacer
spacer
spacer
Osaka Shalom
OsakaShalom.com
4月15日 祈りが答えられるための条件

また求めるものは何でも神からいただくことができます。なぜなら、私たちが神の命令を守り、神に喜ばれることを行なっているからです。(1ヨハネ3:22)

 私たちは、祈りは簡単だということを知っています。私たちは、父なる神が望んでおられることを祈り求めたら、神はその祈りを聞いてくださり、答えてくださると信じています。本当にそうでしょうか?もし私たちの心が主の御前で正しければ、確かにそうなのです。神は聖書の中で、祈りが答えられるための条件を提示しておられます。もし私たちが神の命令を守り、神に喜ばれることを行なっているのなら、神は私たちの祈りに答えると約束してくださっているのです。
 祈りが答えられるために守らなければならない神の命令とは何でしょうか?その次の節で、それについて説明されています。最初の命令は、イエスの御名を信じることです。これは、私たちが新生する必要があることを意味していると考えられます。このことは、クリスチャンにとって難しいことではないでしょう。次の命令は、私たちがお互いに愛し合うことです。これは、少し難しいことかもしれません。この命令は、もし私たちが誰かに対して思いやりがなく、愛がないなら、神は私たちが神に願い求めていることを経験させることができないということを意味します。私たちは、赦しの中を歩み、すべての人を祝福すべきであって、批判的なことばで人を呪ってはいけないのです。
 私たちが神に喜ばれることを行なうことも求められています。あなたが何をしたら、父親や母親を喜ばせることになるでしょうか?するように言われたことをしたらいいのです。まだ言われていないこともすればさらに良いでしょう。神に対しても同じことが言えます。あなたは神が何を喜び楽しまれるかを知っているのですから、神を喜ばせるために、あなたが心からそれらのことを行なえばいいのです。神は私たちの父なる方ですから、私たちが言われなくても良い行ないを選択できるようになることを望んでおられます。神との関係において成熟すればするほど、私たちは神が何を好まれ、何を嫌がられるかがわかってきます。そうなれば、神は一つ一つ私たちに命じなくてもよくなります。私たちは神が楽しまれることだけを行ない、神を喜ばせることができるようになっていきます。神は、証ししなさい、礼拝しなさいなどと私に言う必要がなくなるのです。神はその都度、祈りなさい、御ことばを学びなさい、教会へ行きなさいなどと言わなくてもいいのです!これらのことが神を喜ばせるということを、私がすでにわかっているからです。もし神がこのようなことの一つでも私に言わなければならないのならば、私がまだキリストにある幼子であるか、頑固であるかのどちらかなのです!父なる神が喜ばれるこれらのことを行なっていきましょう!

宣言:父なる神様、私がすべての人を愛すことができるように助けてください。ラバのように、あなたの御霊によって引きずられて行かれなければならないことがないように助けてください!

今日の聖書通読箇所:朝・・・レビ19章、詩篇23―24篇
              夜・・・伝道者2章、1テモテ4章
- 2006-04-13
header
header