header header
spacer
spacer
spacer
Osaka Shalom
OsakaShalom.com
4月14日 なぜイエスは今でも天でとりなしておられるのか?

したがって、ご自分によって神に近づく人々を、完全に救うことがおできになります。キリストはいつも生きていて、彼らのために、とりなしをしておられるからです。(ヘブル7:25)

 イエスは今も、あなたや他のすべての人々のために祈っておられます。イエスはとこしえに、メルキゼデクの位に等しい祭司なのです(ヘブル7:21)。王であり、大祭司であるイエスは、この地上で御自分の権威を行使したいと願っておられます。イエスは、人々を地獄の穴から救い出し、救いに導きたいと願っておられます。
 イエスがとりなしておられるように、聖霊もまた教会を通してとりなしておられます(ローマ8:26−27)。聖霊は私たちにキリストの心を解き放っておられます。それにより、私たちは地上に御国をもたらすことができるのです。では、なぜ私たちもとりなす必要があるのでしょうか?イエスが十字架上で完成されたことが、この地上の人々に現わされていく必要があるからです。なぜ人々は、この単純な福音を受け入れるのが難しいのでしょうか?悪魔が不信者の思いをくらませているからです(2コリント4:4)。サタンはこの世の神です。この地上にいる私たちが自分に与えられた権威を行使し、祈りと福音伝道によって悪魔のわざを打ち砕き始めるまでは、人々は神の栄光の光を見ることができないのです。神は私たちに、とりなしの祈りによって打ち破りを経験して欲しいと願っておられます。これは霊的な戦いなのです!
 盲目の人には光は見えません!失った視力を回復させるためには、誰かに助けてもらう必要があります。誰がこの人々を盲目にしたのでしょうか?サタンがさまざまな非聖書的な思いや考えを用いてしたのです。私たちは、これらの人々が敵の手から解放されるために祈らなければなりません。私たちには、捕らわれ人を解放するためにキリストから与えられた権威があるのです。神は、すべての人が救いに関する知識を持つことを望んでおられます(1テモテ2:3−4)。

宣言:サタンよ、私のまだ救われていない家族や友人から手を引け!イエスの御名によって、彼らは必ず福音の光を見ると宣言する!

今日の聖書通読箇所:朝・・・レビ18章、詩篇22篇
              夜・・・伝道者1章、1テモテ3章

- 2006-04-11
header
header