header header
spacer
spacer
spacer
Osaka Shalom
OsakaShalom.com
4月9日 国も力も栄光もサタンのものではない

国と力と栄えは、とこしえにあなたのものだからです。アーメン。(マタイ6:13)

 御国は誰が治めているのでしょうか?誰がその権威と権力を掌握しているのでしょうか?誰がその栄光を受けているのでしょうか?イエス・キリストです(マタイ28:18)。天においても、地においても、いっさいの権威がイエスに与えられているのです。イエスは悪魔を完全に打ち負かされたのです。イエスが、地獄と死の鍵を持っておられるのです(黙示1:18)。イエスは悪魔からその権力をはぎ取られました(コロサイ2:15)。イエスは御自分の尊い血潮によって悪魔を打ち負かされたのです(黙示12:11)。権威も権力もイエスのものです。光の王国が暗闇の王国を滅ぼしているのです。では、このことが私たちにどう関係があるというのでしょうか?
 私たちはキリストのからだです。イエスは御自分の12弟子を御もとに呼ばれて、「汚れた霊どもを制する権威をお授けになった。霊どもを追い出し、あらゆる病気、あらゆるわずらいを直すためであった。」(マタイ10:1)。マタイ16:19には、イエスが教会に天の御国の鍵をお授けになったと書かれてあります。これらは何の鍵なのでしょうか?縛る(禁じる)ための鍵と解く(許可する)ための鍵です。これはつまり、私たちが祈りにおいて、禁じたいと思っているものを禁じ、許可したいと思っているものを許可する宣言ができるということです。私たちが禁じたいものとは悪魔のわざであり、許可したいものとは聖霊の御わざです。私たちが地上の自分の権威が及ぶ領域でこの宣言をすると、その宣言したことが天においても行なわれると、イエスは言われました。祈りには権威があります。信仰の祈りは状況を変えていきます。ですから、縛り、解く祈りをしていきましょう。この地上で、イエスの権威を行使していきましょう!

宣言:イエスの御名によって、あらゆる暗闇のわざを縛ります。イエスの御名によって、聖霊様の御わざを解き放ちます。主よ、私の権威が及ぶ領域をあなたが治めてください!

今日の聖書通読箇所:朝・・・レビ13章、詩篇15−16篇
              夜・・・箴言27章、2テサロニケ1章

- 2006-04-01
header
header