header header
spacer
spacer
spacer
Osaka Shalom
OsakaShalom.com
4月7日 求める者だけに神の御こころは行なわれる!

御国が来ますように。みこころが天で行なわれるように地でも行なわれますように。(マタイ6:10)

 神の御国と御こころは、自動的に私たちの人生に行なわれるものではありません。神の御支配と御こころがこの地に行なわれるように私たちが祈るならば、神は私たちの人生に働いてくださるのです。神の御国とは、王である神が治めるところです。王なる方の御こころが行なわれるところに、神の御国が現わされていくのです。天では、イエスが御自分のやり方で治めておられます。イエスの御こころが完全な形で行なわれているのです。ですから、そこには罪も、病気も、悲しみも、貧困も、呪いも、死もないのです。天においては、神の臨在があるのみです。
 上記の聖句では、私たちが祈る時には、御国がこの地上に来るように求めなさいと教えられています。そのようなことが本当にあり得るのでしょうか?イエスは御国が私たちの生活領域に突入することを望んでおられます。イエスは、御自分の支配がこの地に及び、悪魔がこれまでにしたことをすべて変えていきたいと願っておられます。イエスは、病気の代わりにいやしを、ストレスの代わりに平安を、貧困の代わりに供給を、憎しみの代わりに愛を、悲しみの代わりに喜びを、混乱の代わりに啓示をもたらしたいと願っておられます。神は御こころが行なわれ、悪魔の策略が打ち砕かれることを願っておられるのです。
 あなたは天の御国と地獄のどちらを経験したいですか?これは、私たちが日々、選択することなのです。私たちは、御国が来ることを求め、それが現われるまで信じることもできれば、祈らないで地獄が私たちのところに来るのを許してしまうこともあり得るのです。信者であるあなたが地獄へ行くことはないでしょうが、この地上で地獄を経験することはあり得るのです。悪魔が依然としてこの世の神であるからです。悪魔は今でも罪を通して人々を支配しています。呪いもそこに働いています。しかしながら、私たちは、御国の到来によって、そのような状況を一変させることもできるのです。私たちが天の御国を求め、信仰によってそれを受け取り、すでにその支配が私たちのところに来ていることを感謝するなら、それは現実のものとなります。

宣言:イエス様、私の人生と家庭を治め、支配してください。あなたの御計画と御こころだけがなりますように!

今日の聖書通読箇所:朝・・・レビ10章、詩篇11−12章
              夜・・・箴言25章、1テサロニケ4章
- 2006-04-01
header
header