header header
spacer
spacer
spacer
Osaka Shalom
OsakaShalom.com
4月6日 イエスは私たちの祈りが賛美で始まることを望まれる

だから、こう祈りなさい。『天にいます私たちの父よ。御名があがめられますように。(マタイ6:9)

 多くの人が、願い求めたり、罪を告白したりして、祈りを始めます。確かに、もし自分が不従順によって神に反抗していたのなら、すぐにその罪を告白すべきです。しかし、私たちは、自分の心の中をのぞいて、罪があるかないかを探りながら祈り始めるべきではありません。神は、私たちが御自分を「お父さん」と呼ぶことを願っておられます。私たちは、キリストとの共同相続人である神の嫡子として、神の御前へ行く必要があります。私たちは何も持たないで行くのではありません。すべてのものを携えて行くのです。私たちにはキリストがおられるので、すでにすべてのものを受け取っているのです。私たちは感謝と賛美をもって、御前に行くべきです。私たちは、神がどれほどすばらしい御方かよく理解しています。そのすばらしさは十字架に現わされています。
 神は天におられます。そこでは御座を取り囲んで、何が行なわれているのでしょうか?賛美と感謝が捧げられているのです。天では絶え間ない賛美が神に捧げられています。私たちがこの地上で賛美する時、天にいる御使いや聖徒たちとともに賛美していることになるのです。ですから、父なる神の名を呼ぶ時、私たちは「主よ、あなたの御名があがめられ、御名に栄光が帰せられますように!」と宣言するのです。イエスが流された血潮によって私たちのためにしてくださったすべてのことに感謝を捧げるのです!イエスの血潮によって、私たちは、救われ、いやされ、罪からきよめられ、解放され、富む者とされたのです!私たちが救われるための御わざはすべて、カルバリの丘で完了したのです。ですから、私たちは感謝をもって御前に行くのです。御ことばには、私たちへの神の約束がすべて記されています。イエスは私たちの救い主であり、いやし主であり、解放主であり、助け主であり、羊飼いであり、王であり、備え主なのです!賛美は、そのイエスの臨在と栄光をもたらします!

宣言:父なる神様、あなたをほめたたえます!あなたは私の救い主であり、いやし主であり、解放主であり、備え主であり、私を聖霊で満たしてくださる御方です!イエス様の血潮を感謝します!

今日の聖書通読箇所:朝・・・レビ9章、詩篇10篇
              夜・・・箴言24章、1テサロニケ3章

- 2006-04-01
header
header