header header
spacer
spacer
spacer
Osaka Shalom
OsakaShalom.com
4月1日 神を知り、その臨在を楽しむためにあなたは生まれた

その永遠のいのちとは、彼らが唯一のまことの神であるあなたと、あなたの遣わされたイエス・キリストとを知ることです。(ヨハネ17:3)

 あなたは永遠のいのちを受け取りましたか?受け取ったのであるなら、あなたは神を知ることができます。キリストを受け入れると、私たちは永遠のいのちを受け取ります。このいのちはイエス御自身のいのちです。ですから、私たちはイエスの愛、喜び、平安を経験することができるのです。それは天国にあるいのちを経験することです。天国の雰囲気を味わうことです。私たちは、神を知るのに、天国へ行くまで待たなくてもいいのです。
 キリストのいのちは私たちのうちにあります。私たちの心には、聖霊が住んでおられます。イエスを自分の人生にお迎えしたら、私たちはどのようにイエスと関係を持てばいいのかを知る必要があります。イエスが私たちのうちにおられるので、私たちはイエスがくださるものをすべて経験できます。イエスの御声を聞き、聖霊に導いていただくこともできます。幻や夢を見ることもできます。現実に存在する霊的な領域で、何が起きているのかを知ることもできます。神からのものをすべて経験できるのです。私たちはイエスの臨在を楽しんでいるでしょうか?イエスの御声を聞いているでしょうか?御ことばから啓示を受けているでしょうか?イエスの愛や喜びを感じているでしょうか?これらはみな、私たちが“祈り”と呼んでいるものによって現実のものとなるのです。
 多くのクリスチャンにとって、祈りとは‘何かを神に求めること’になっています。ですから、もしすぐに祈りの答えが来なければ、私たちはそれについて神に求め続けてしまうのです。神の子どもであり、相続人である私たちが、こじきのようになってしまっているのです。神は私たちの父なる方です。神は、私たちが御自分のもとへ来て、その臨在を経験し、この地上で御自分の力を経験してほしいと願っておられます。神は御自身を私たちに与えるために、私たちのうちにおられるのです。それによって、私たちが神の臨在と力を周りの人々に解き放つことができるようになるためです。神は今も失われた人々を救いたいと願っておられます。病人をいやしたいと願っておられます。イエスは抑圧されている人々を解放したいと願っておられるのです。どうやってそれを実現されるのでしょうか?どのようにイエスと交わればよいのかを知っている神の子どもたちを通して実現されるのです。キリストと交わることによって、私たちは、周りにいる失われたまま死んでいく人々にキリストの愛と力を流し出す管となれるのです。

宣言:父なる神様、私に永遠のいのちが与えられていることを感謝します。これからも私に与えられているものを楽しんでいきます。キリストが私のうちにおられるので、私もキリストの愛、喜び、平安、力を経験できます。キリストがおられるので、私はすべてのものを持っています!

今日の聖書通読箇所:朝・・・レビ4章、詩篇1−2篇
              夜・・・箴言19章、コロサイ2章
- 2006-03-30
header
header