トップページお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせ会員登録カートの中
商品カテゴリ
会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
商品詳細

CK126 第1テサロニケ人、第2テサロニケ人、第1テモテ、第2テモテ、テトス、ピレモンへの手紙




商品番号 law-cd-K126
商品名 CK126 第1テサロニケ人、第2テサロニケ人、第1テモテ、第2テモテ、テトス、ピレモンへの手紙
定価 20,000円
販売価格 20,000円
著者 ローレンス・ゲヤス
配送タイプ 都道府県別
在庫

数量:

K126 (2012年2月) 第1テサロニケ人への手紙−聖くなるには? 天からの報いを受け取る準備をするには?  (CDセット)

この書簡は、信者に聖さのうちに歩み続けるように勧め、また信仰を保って死んでいった人々について 私たちが気落ちすることなく、慰めが与たえられるために書かれました。主の来られる日(ご再臨)もいくぶんか詳しく教えています。この書簡は試練や試みを通っていくときに、この世にあって「希望」を解き 放ってくれることでしょう。イエスはこの世においてまた後の世においても、ご自身の恵みによって私たちに「報い」を与えてくださるのです!

1. 人間のたましいとは何でしょう?

2. 「主の日」とは何でしょう?

3. 福音が宣べ伝えられないといけない4つの方法とは何でしょう?

4. 信者のうちのある者には、なぜ みことばが働かないのでしょう?

5. 私たちが神を喜ばすこととなる、私たちに対する神のみこころの「14の要求」とは何でしょう?

6. 信者が死んだあとには、何が起こるのでしょう?

7. 信者はなぜイエスが戻って来られる時がわかるのでしょう?

8. どのようにして私たちは「御霊を消す」ことができるのでしょう?

9. どのようにして「絶えず祈る」ことができるのでしょう?

10.限界になるまでどのようにして罪を積み上げることができるのでしょう?

11.なぜ神の怒りはついにユダヤ人に及んだのでしょう?

12.どのようにしてサタンは、私たちが神のみこころを成すことを止めることができるのでしょう?

13.私たちはなぜ試練に遭うように定められているのでしょう?

14.聖徒たちの携挙とは何でしょう、またそれはいつ起こるのでしょう?

 

K126 (2012年2月) 第2テサロニケ人への手紙−イエス・キリストの再臨の前に何が起こるのか?  (CDセット)

この書簡は、「主の日」について、そして「主の日」の前に起こる出来ごとについて教えます。背教と反キリスト体制の出現が「主の日」の先んじ、多くの人々を信仰から離れさせます。イエスはたった今、ご自身の御国をこの地上で建てあげておられ、御国は日々拡大していっています。この書簡は、キリストの再臨と反キリストについての多くの偽りの教えに、いかに惑わされないようにするのかを教えます。私たちは サタンと、サタンのしわざに打ち勝つように召されているのです。被害者ではなく、勝利者にどのように してなるのかを学びましょう。

1. 神はどのようにして国々をさばくのでしょう?

2. 裁かれる2つの部類の人々とは、どういった人々でしょう?

3. 神が人々に惑わしを解き放つのは、神の責任でしょうか?

4. 「主の日」の前に起こる、2つの出来ごととは何でしょう?

5. 反キリストに関する21の事実とは何でしょう?

6. 教会は何から離れていくのでしょう?

7. 「不法の人」を引き止めている者は誰でしょう?

8. イエスが来臨されるときの10の方法とは何でしょう?

9. 「不法の人」とは誰でしょう?

10.テサロニケの人々は反キリストが誰であるか、知っていたのでしょうか?

 

 

K126 (2012年2月) 第1テモテへの手紙−教会のメンバーとしてふさわしく行動するには   (CDセット)

この書簡はすべての教会メンバーにとって、とても実用的な書簡です。この書は、秩序のある教会の良い牧師になる秘訣を教える教本です。地域教会は真理の柱、また土台であるのにもかかわらず、人々は神のみことばに従わないことによって、これをないがしろにし、傷つけたり乱暴に扱ったりします。この書簡は、イエスがご自身の霊とご自分のみことばによって建てている教会のビジョンを、あなたに与えることでしょう。あなたの信仰が引き上げられる用意をしてください!

1. 女性が教えることは許されていないのでしょうか?

2. パウロは、幼いころから聖書に親しんで来たがゆえに救いに預かることを、教えているでしょうか?

3. クリスチャンはどのようにすれば不信者よりも悪くなることがあるのでしょう?

4. パウロはぶどう酒(ワイン)を飲むことを、良しとしていたでしょうか?

5. 私たちの人生に、愛はどのようにして生まれるのでしょう?

6. どのようにして律法を正しく用いるのでしょう?

7. 預言のことばをもって、どのようにして私たちは信仰の戦いを勇敢に戦うのでしょう?

8. 私たちが受けた預言が現われないように(実現しないように)させるのものは何でしょう?

9. 女性がはでな髪の形とか、金や真珠や高価な衣服を持つことは間違っているでしょうか?

10.聖さのうちに歩むなら、なぜ女性は子を産むことによって救われるのでしょう?

11.長老と執事の資格は何でしょう?

12.教会の中に入って来る惑わしの教えとはどういうものでしょう?

13.賜物は、他の者に分与できるのでしょうか?

14.やもめの中でもどういったやもめの人を教会は面倒を見るべきでしょうか?

15.長老はみな教え、説教をするのでしょうか?

16.どのようにして人は信仰から迷い出ることができるのでしょう?

17.神はどのようにして私たちにすべての物を与えて楽しませてくださるのでしょう?

 

 

K126 (2012年2月) 第2テモテへの手紙−人生で召しを全うするには?  (CDセット)

この書簡は、健全な教えと敬虔な生き方は、両者共にクリスチャンの人生の必要条件であることを教えています。クリスチャンは信じ、敬虔にふるまわなければならないのです。今日かつてないほどさらに多くの偽りの教えや不可思議なカルトが存在するゆえに、クリスチャンはひとたび聖徒たちに伝えられ、聖書に記録された神の教えを守らなければならないのです。快楽を追い求める社会は、神の愛よりも自己愛を奨励します。私たちはイエス・キリストの愛と義、平安と喜びを知る喜びを味わい楽しむべきです。キリストを知ってキリストに仕える喜びが、この地上で最大のしあわせなのです。

1. 私たちのうちにある神の賜物を、どのようにして燃え立たせるのでしょう?

2. 教える賜物を委ねられる、信頼できる人物とはどんな人でしょう?

3. 信者は神を否むことが出来るでしょうか?

4. どのようにして信者は主の選ばれた器になれるのでしょう?

5. 信者がサタンによって捕らわれ、サタンの意志を成し遂げることは可能でしょうか?

6. 終わりの時代の信者の資質とはどういったものでしょう?

7. どうすればその実(力)を否定しながら、見えるところは敬虔であることができるのでしょう?

8. 神のみことばは、信者にどのような影響を及ぼすのでしょう?

9. 神があなたの前に置いた、走るべき道のりを走り終えるにはどうすれば良いのでしょう?

 

 

K126(2012年2月)テトスへの手紙−神の国において人生を謳歌するには?   (CDセット)

この書簡は、良い行ないによって神の恵みが信者にどのように現われるのかを教えます。神の恵みは、私たちに敬虔な生き方をできるようにさせ、その結果、私たちの人生を楽しむことができるようにさせます。私たちは聖さと清潔のうちに歩むように造られました。私たちが聖さのうちに歩むとき、私たちは神の臨在に留まり、神の国の祝福を楽しむことができます。神の恵みは、神の御前でへりくだって歩む人に現われる神の力です。

1. 説教者に対する17の資格基準とは何でしょう?

2. 説教者に対する17の資格 はく奪基準とは何でしょう?

3. 老人たちに対する6つの命令とは何でしょう?

4. 年をとった婦人たちに対する5つの命令とは何でしょう?

5. 若い婦人たちに対する8つの命令とは何でしょう?

6. 若い男たちに対する4つの命令とは何でしょう?

7. 仕事をする人たちに対する5つの命令とは何でしょう?

8. 神の恵みの3つの祝福とは何でしょう?

9. キリストの死による、2つの大いなる恩恵とは何でしょう?

10.罪人を描写する、7つのものとは何でしょう?

11.魂の救いの証明となる、7つの現われとは何でしょう?

12.人はどのようにして贖われるのでしょう?

13.異端が及ぼす3つの結果とは何でしょう?

 

 

K126 (2012年2月) ピレモンへの手紙−苦々しさと赦さない心から自由にされるには?   (CDセット)

この書簡は、私たちを傷つけた人々を赦す術を教えます。人生では、私たちの気分を害したり、また悪いことを言ったり、もしくは私たちに悪いことをしたりする人々を赦すことを学ばなければなりません。私たちが赦しの中を歩むなら、私たちは神の愛の中に生きることができます。神の赦しは、私たちが他者を赦す時に私たちの人生に留まります。イエスの中に、私たちはいつも赦しを見いだすのです。イエスのようになろうではありませんか! 苦々しさや怒りから、どのようにして自由に歩き去るのかを学びましょう!

1. パウロがこの書簡を書いたとき、何才だったのでしょう?

2. どのようにして他者を「赦す」のでしょう?

3. パウロはなぜピレモンにどうすべきか、命令する権利があったのでしょう?

4. キリストにあって私たちが受け取ったすべての良いものの現われを、どうすれば見ることができるのでしょう?

5. なぜピレモンの祈りはパウロを、ピレモンのもとに来させるということをするのでしょう?